「ねぇ~、ごはんまだ~?」

17時45分、ドタドタと階段が鳴り、お腹をすかせた僕が下りてくる。

 

 

「もう少しよ。待ってて」

返事をする母。手際よく手を動かしている。きびきびと、でもどこか笑顔。

 

台所に入り込む僕。

手伝うわけでもなくチョロチョロするだけ。

トントントンッとリズミカルな包丁の音が響いています。

 

――晩御飯は18時から。いつも決まった時間。

わかっていても待てませんでした。楽しみすぎたから。

 

家族が舌鼓を打つ中でも母の仕事は終わりません。

食卓におかずが一品、また一品と満たされ、彩られていきます。

席に着くのは僕の「ごちそうさま」のあと……。

 

 

う~ん、今考えてみるとものすごいことです。

もう苦行です。ぜんぜん当たり前なんかじゃありません。

それなのに、どうして母は笑顔でいられたのでしょう?

疲れている日も、気が乗らないときもあったはずなのに……。

 

きっと、たぶん、おそらく、

家族の喜んだ顔が見たかったから。

おぼろげですが、なんとなくその気持ちがわかるようになりました。

 

だから、せめてこれからは、

こみあげるたびに「おいしい」を伝えたい、そう思います。

 

PHPのびのび子育て11月号の特集は「子どもは『脳』より『腸』で伸びる」です。

あなたの「手間隙」は余すことなく、お子さんのカラダとココロの栄養になります。

(朋)

 


 

『PHPのびのび子育て』は未来を担う子どもたちの健全な成長と幸せを願って、発刊している月刊誌です。

11月号(10月10日発売)の特集は、「子どもは『脳』より『腸』で伸びる」を予定しています。


◎◎年間購読のご案内◎◎
「子どもをつれて買い物に行くのは大変…」「ついつい、買い忘れてしまう」 そんなあなたにおすすめしたいのが、年間購読。毎月ご自宅へお届けします。送料無料。お手続きはこちらからどうぞ。