数字の読み書きも計算も小学校に入ってからで十分。算数ができる子を育てるにはもっと大切なことがあります。大迫ちあきさんの『算数ができる子の親がしていること』よりご紹介します。

 

GR188_350A.jpg

 

算数ができる子の場合、共通しているのは、小さい頃からさんすう環境の中にいて、五感でさんすうを体験していたことです。

 

では、さんすう環境をつくる、五感でさんすうを体験するとはどういうことでしょう?

 

「小学校に入る前に算数に必要な力をつけておいてあげましょう」とお話しすると、多くのお母さん方は、プリントをやらせたり、100までの数を読み書きさせたり、簡単な足し算を教えたりといったことをイメージされます。

 

 でも、幼児期に知識として算数を教えることや、暗記や計算のドリルをたくさんやらせることが「さんすう環境」を整えてあげることではありません。ここから入っても、算数に必要な力はついていかないのです。

 

はっきり言えば、数字の読み書きも計算も、小学校に入ってからいくらでも伸びます。小学校の先生は、工夫してがんばって教えてくださるので、どの子もできるようになります。  ですから年長さんで九九の暗記は必要ありませんし、入学までにかけ算ができるようになっている必要もないのです。かえって、数の概念を五感で覚えていないうちは、それをやらないほうがいい場合もあります。

 

九九をただ機械的に覚えても、「7×6は、7個のかたまりになったものが6つ分あること」がわかっていないと、結局は文章問題を解くときに「何をどうすればいいの?」になってしまうでしょう。

 

 「足すってどういうこと? かけるってどういうこと?」が理解できていなければ、やっぱり文章を読んで問題を解く段階でつまずいてしまいます。

 

もちろん計算力をつけておくことは必要です。けれども、計算を使って何をするのか、が算数・数学ではより重要なのです。

 

幼児期は、英才教育的な算数の勉強より、実際の物を使って「体験」をたくさんさせてあげるほうが基礎力がうんと蓄えられ、小学校に入って以降の算数の力につながっていきます。

 

これが、さんすう環境です。

 


 

【本書のご紹介】

算数ができる子の親がしていること


『算数ができる子の親がしていること』

子どものころ算数が苦手だったけれど、自分の子どもが将来困らないように、算数の能力を身につけさせてあげたい。しかし、いつから、どうやって勉強させたらいいのかがわからない......と悩んでいる親はたくさんいます。でも、もう心配しなくても大丈夫。本書で紹介されている方法を使えば、どんな子だって楽しみながら、お勉強だと意識せずに算数が得意になってしまうのです!

 

【著者紹介】
大迫ちあき(おおさこ・ちあき)

公益財団法人日本数学検定協会認定数学コーチャー&幼児さんすうエグゼクティブインストラクター。
子育てが一段落したあと、大手個別指導塾で中学受験の算数担当講師として10年勤務。多くの学習相談を受ける中で、子どもだけでなく、子どもの勉強に悩むお母さんたちのフォローもしたい、という思いから、2011年、独立。東京・世田谷で「M&C Study room」を主宰。小学生・中学生に対する算数・数学指導の他、理数系に強い子どもを育てたいと、未就学児対象「かず・かたち教室」を開いている。公益財団法人日本数学検定協会認定資格「幼児さんすうインストラクター養成講座」の講師も務める。現在、保護者向けセミナーを開催するほか、様々な・イベントを通じて、「知らない間に算数好きになる魔法のワークショップ」を開き、算数の面白さ、楽しさを子どもたちに伝えている。2人の息子の毋。

osusume.gif 現役東大生が教える 「すごい学習習慣」(1)勉強って何?

子どもの能力を引き出す自己肯定感

子育てのイライラは「べき思考」から起こる