ご存知ですか? 頭がいい子は、父親といい関係を持っている事が多いということを。

清水克彦さんの、『頭のいい子が育つパパの習慣』の一部をご紹介します。

 

定時に帰り、1週間に3回は家族で食卓を囲もう

 

mangatate.jpg

 

ここに、大変興味深いデータがあります。広島県や島根県などの小・中学生を対象に、広島大学の山崎博敏教授らの研究グループが行った調査の結果です。

 


 

家庭環境が小学生の学力に与える影響
(2005年11月に小・中学生を対象に実施した調査から抜粋)

 

夕食をひとりで食べることがあるか?

 

まったくない...偏差値48.9
あまりない...偏差値49.23
ときどきある...偏差値48.28
よくある...偏差値44.88

 


 

このデータは、子どもがひとりで夕食を食べている家庭では、子どもの学力が低いことを物語っています。親子でさまざまな会話をしながら食卓を囲む習慣は、子どもの学力アップにつながるのです。

 

全国でトップレベルの東京大学合格者数を誇る開成学園の元理事長である加藤丈夫氏は、こう述べています。

 

「子どもの学力を伸ばすには、家族との対話が不可欠。そのためには、父親が定時に会社を出て家庭に帰ることです。当学園に入学してから伸びるのは、父親ときちんと対話の時間が確保されている家庭のお子さんです」

 

また、百ます計算で知られる立命館大学教授で立命館小学校校長顧問の陰山英男氏も、 同様に語ります。

 

「夕食を囲む家族団らんのひとときを、週に1回でも取り戻してください。中学でも学力が伸びているお子さんは、父親の支えがあるケースが多いのです」

 

なお、子どもの話を聞き出すには、「子どもに長く話してもらう」「子どもをのせる相づちを打つ」ことに注意してください。まずは子どもの話す内容をじっくり聞くこと。
特に、子どもが興奮して話してきたことには耳を傾けてください。興奮して話をしている状態とは、脳の前頭連合野が活発に動き、子どもの頭が良くなっている瞬間なのです。
そして、相づちのポイントは「さしすせそ」を上手に挟むことです。

 

さ...さすが

し...信じられない

す...すごい

せ...せっかく

そ...そのとおり

 

papa0101.jpg

 

父親がこれらを巧みに使えるようになれば、子どもには「パパは自分のことをわかってくれている」という思いが芽生え、何でも話すようになるはずです。

 


 

【本書のご紹介】

 

頭のいい子が育つパパの習慣


『頭のいい子が育つパパの習慣』

家庭の力、とりわけ父親の力は、子どもの成長を左右する大きな要素になる。そして、父親の積極的な教育参加は子どもを伸ばすうえで重要なカギであり、「子どもを伸ばすのはパパしだい」であると著者はいいます。
「子どもの前で本を読み、辞書を引く」、「ラジオニュースを聞いて集中力を高める」、「子どもと一緒に散歩する」など、多忙なパパでも明日から簡単にできる子育ての習慣をわかりやすくご紹介します。

 

【著者紹介】
清水克彦(しみず・かつひこ)
1962年愛媛県生まれ。早稲田大学教育学部卒業、同大学院公共経営研究科修了。 文化放送入社後、政治記者を経てアメリカ留学。帰国後、キャスターや情報ワイド番組プロデューサー、江戸川大学や育英短期大学で講師を歴任。現在は、文化放送で報道デスクを務める傍ら、教育間送や受験事情を取材し、執筆や講演活動にも力を注ぐ。ポータルサイトgooで連載中の「生きるチカラの育て方」は人気コラム。 著書は、『頭のいい子が育つパパの習慣』『頭のいい子が育つママの習慣』(ともにPHP文庫)をはじめ、『成功する子の親失敗する子の親』(学研パブリッシング)、『中学受験-合格するパパの技術』(朝日新書)、『子どもの才能を伸ばすママとパパの習慣』(講談社)、『安倍政権の罠』(平凡社新書)など多数。

 

【絵】
こしたかのりこ
フリーのイラストレーター。静岡県出身。幅広いタッチで書籍、雑誌等を中心に活躍中。