成功している人、運がいい人は、思いがけないトラブルに振り回されません。むしろ、トラブルをきっかけに大きく舵を切って、思い切り飛躍します。口にするだけで幸運をぐんぐん引き寄せる開運言葉とは?

 

pf01.jpg

 

運のいい人はトラブルをムダにしない!

 

運気を軌道修正してくれて、運を開いてくれる言葉を「開運言葉」と私は呼んでいます。

いままで数々の「成功者」と呼ばれる人とお話ししていて、気づいたことがあります。それは、「成功する人は、トラブルを開運言葉で解決している」ということです。

聞いているだけで、相手も自分も気持ちよくなる言葉。心がほっとほどけていく言葉。安心の波動が広がるような言葉。そういった「プラスのエネルギー」を放つ言葉を、運のいい人はよく使うのです。

「開運言葉」を使っていると、早ければその日のうちに、遅くても3日以内に、あなたを困らせているトラブルが落ち着いてきて、いいことが始まる流れが見えてくることでしょう。

 

苦手な人と離れられないときは?

 

「〇〇さんとステキな理由で卒業します!」

 

「苦手な人」が上司だったり、お姑さんだったり、ママ友だったりした場合、「私の感情だけで離れられないよなあ……」と悩むのも当然です。そんなとき、この言葉を唱えていると心がスッキリしてきます。そして「しかるべきとき」がきたら、あなたも想像しないような「ステキな理由」が起こって、ちゃんと卒業できる流れになるのです。

 

友人からそっけない態度をとられたときは?

 

 「〇〇さんにもきっと何か事情があるんだね」

 

友人にメールをしても返信がなくて、不在着信の伝言を入れても、なかなか連絡がこないとき、思わずイライラしそうになりますが、その人にはあなたの想像もつかないような理由があるのかもしれません。この言葉をつぶやいていると友人へのイライラがスーッと消えていき、相手を思いやる気持ちがわいてくるのです。

 

目上の人から小うるさいことを言われたときは?

 

 「ありがとうございます! 勉強になりました!」

 

小うるさいことを言ってくる人には、人から尊敬されたり、大切にされたいという気持ちが少なからずあるものです。「うるさいなあ……」と思うときこそ、満面の笑顔でこの言葉を言うと、そのひと言で相手の心はおだやかになり、あなたのことをかわいく思うはず。そして、「非難してやろう」という気持ちがなくなるのです。

 

ツイていない出来事が起きたときは?

 

 「私はとっても運がいい!」

 

これは数多くの成功者が頻繁に口にしている開運言葉です。成功した人は何かトラブルが起きたり、「ツイてないなあ……」と思うときこそ、この言葉を即座に口にします。そうすると最後には「私って運がいいなあ」という展開に変わってしまうから不思議です。どんなにがっかりするようなことがあったときも、ツキを呼び込む魔法の言葉です。

 

思いがけないトラブルに見舞われると、取り乱したり、絶望を感じたり、自信を失ったりします。そんなときこそ言葉の力に助けてもらいましょう。傷ついた心をなぐさめる“おまじない”を口にしていれば、自然と運気は上昇します!

 

【著者紹介】

田宮陽子(たみやようこ)

エッセイスト。雑誌・書籍の編集者時代、1000人を超える「成功者」を取材する。『お金と人に愛される「つやの法則」』『お金と人に愛される「開運言葉」』(以上、PHP研究所)など著書多数。

 

『PHPスペシャル』2017年8月号より

 

senkyo563.jpg

 
本記事は、PHPスペシャル2017年8月号特集「いい『口ぐせ』が幸せを呼ぶ」より、一部を抜粋編集したものです。
私たちが日々使う言葉には、どんな力があるのでしょう? 口ぐせの力を味方につけ、いいことを引き寄せるヒントを探りました。