本番で、ふだんどおりの力をしっかりと出す、「本番力」を発揮するためには、子どもがそれを「好き」と思う気持ちが大切と言われます。それでは、子どもの「好き」をふくらませるために、私たちは何ができるでしょうか。2回シリーズの後編、メンタルトレーニングの第一人者である高妻容一先生の著書『子どもの本番力を120%引き出す方法』から、子どものやりたい気持ちをふくらませるコツについてご紹介いたします。


 

 

*     *     *


■やりたい気持ちを後押しする褒め方のコツ

 

トップアスリートたちは、試合前のインタビューで、よく「自分らしくプレーしたい」「楽しみたい」と語りますね。周囲から期待されればされるほど、「自分がやりたいから、好きだからやる」という気持ちでプレーしなければ、萎縮してしまって、本番で力を発揮できないということを、彼らはよく知っているのだと思います。「好き」「楽しい」という初心を消さずにキープし、やる気の元として高めていくことは、メンタルトレーニングの重要な目的のひとつです。

 

では、子どもの「好き」をふくらませるために、私たちは何ができるでしょうか。

 

親が褒めること、肯定の言葉をかけることは、やはり大きな後押しになります。ただし、過剰な褒め言葉は、空々しく聞こえてしまうこともあるので要注意です。コツは、よかったと思う点をなるべく具体的に伝えること。「よく見てくれているなあ」と子どもはうれしく、心強く思うはずです。

 

もうひとつのポイントは、結果や成績を褒めるより、「毎日苦手なところを練習していたよね。ずいぶんよくなったと思うよ!」のように、努力や過程を褒めるようにすることです。このような褒め方なら、「結果を出さないと、お母さんはがっかりするかな?」というプレッシャーを子どもに与えることはありません。子どもは「これでいいんだ」と自信をもって努力を続けていくことができるでしょう。「お母さんは、自分のやり方に注目して、認めてくれている」とわかると、「次はこんな練習をしてみようかな」と、自発的な工夫も生まれやすくなります。

 

■目標を意識させる

お子さんの夢を、あなたは知っていますか? あなたのお子さんは、「自分はこれがやりたい」「こうなりたい」という夢をもち、自分の将来像を描くことができているでしょうか。メンタルトレーニングは、夢に向かって進むための力をつけるトレーニングです。まずは子ども自身に、自分の本当の「夢」に気づかせて、目標を意識させることが、心を鍛える第一歩になります。

 

子どもに自分の「夢」を見つけてもらうには、どうしたらいいでしょう。夢について家庭で話題にすることは、とても大切です。「あなたは将来、何になりたいの?」「素敵な夢だね! そうなるためには、どうしたらいいかな」などと家族で会話をすると、「自分の夢って何だろう」と考え、意識するきっかけになります。

 

 

※バックナンバーはこちら 「楽しい」が「本番力」になる~高妻容一先生

 

【出典】『子どもの本番力を120%引き出す方法』 (PHP研究所)

 

【著者】

高妻容一 こうづま・よういち

1955年、宮崎県生まれ。福岡大学体育学部卒業。中京大学体育学研究科修了後、フロリダ州立大学へ留学。近畿大学教養部を経て、東海大学体育学部教授。
メンタルトレーニング・応用スポーツ心理学研究会の代表としても後進の育成や普及を行っている。
著書に『基礎から学ぶ! メンタルトレーニング』『今すぐ使えるメンタルトレーニング』『イラスト版やさしく学べるメンタルトレーニング入門者用』(以上、ベースボール・マガジン社)
『結果を出す人のこころの習慣』(サンマーク出版)など多数がある。

※HP メンタルトレーニング・応用スポーツ心理学研究会

http://www.mental-tr.info/