ある日、幼稚園でおやつに煮干しが出たときに、どうしてもその頭が食べられず、頭だけこっそり鞄の中に隠しました。 

 

 mama&boy540.jpg

 

迎えに来た母は、私の様子がいつもと違うことに気づいたのでしょう。

「なんかお母さんにお話することはない?」

「別にないよ……」

「じゃあ、お母さんが当ててあげる。きっと、その鞄の中に秘密があるのかな」

「えっ、なんでわかるの?」

すると母は、

「お母さんは、魔法使いだから」

そう、笑って答えてくれました。

 

正直に私は、煮干しの頭のことを話しました。

その後、鞄からたくさん出てきた煮干しの頭を見て、叱られたような笑われたような、記憶があいまいなのですが、なぜか、その「お母さんは、魔法使い」という言葉だけは、今でも覚えています。

 

母は折に触れ、“魔法使い”となって私を助けてくれました。

母の魔法は、きっと私のことをいつも気にして見守ってくれていたから、私に“かける”ことができたのだと思います。

 

子どもは言葉にできない気持ちを、動作や表情で必ず伝えています。

 

今号の『PHPのびのび子育て』3月号のテーマは“子どもの心は「しぐさ」でわかる!”。

ぜひ、参考にしてもらえると嬉しいです。

 

 (郁)

 

※「PHPのびのび子育て」は、毎月10日発売です。