松下幸之助が大きな成功をなしとげられたのはなぜでしょうか。 松下幸之助が、生涯をかけてつかんだ「仕事の成功」と「人生の幸福」を実現するための心の習慣とは?

《『素直な心になれたら』より》

 

matusitasousetusya.jpg

 

電器メーカーのパナソニックを創業した松下幸之助がどんな人か知っていますか?

松下幸之助は、1894(明治27)年に、8人兄弟の末っ子として和歌山県で生まれました。身体は生まれつきあまり丈夫ではなかったそうです。

実家の松下家は、もとは裕福な地主でしたが、父親が投機(価格の変動による差益をねらう取引)で失敗し、土地や家をすべて失ってしまいました。

家が貧しくなったため、幸之助は小学校を退学し、9歳で大阪へ丁椎奉公(少年のうちから商店や職人の家に住みこんで下働きとして勤めはじめること)に出されます。少年時代からたいへんな苦労を味わったわけですが、それと同時に、若くして働いて収入を得る喜びを知り、礼儀作法や商売の基礎を勉強することができました。

 

15歳のとき、幸之助は当時まだ珍しかった電車を見て、「電気の仕事」に強い関心をもちました。そこで、現在の関西電力の前身である大阪電燈に入り、電気工事の技術者になりました。その後、22歳で電気器具を製造販売する会社をつくることを決心します。しかし、独立して最初につくった商品は、まったくといっていいほど売れませんでした。

それでも幸之助は誠実に商売に取り組み、やがて「松下電気器具製作所」を創業。その後、幸之助自身が考案した商品が次々と大ヒットして、「松下電器産業(現在のパナソニック)」となり会社はどんどん大きくなっていったのです。

 

第2次世界大戦のとき、空襲であたり一面焼け野原になり、たくさんの人々が亡くなっていく悲惨な様子を見た幸之助は、「人間はこんなことをするために生まれてきたのではない。人間は本来、もっと豊かで幸せな生活を送れるはずだ」という思いを強くもちました。そして、これをきっかけによりいっそう仕事に打ちこんだのです。

戦争の影響で、松下電器の経営は一時、危機的な状況に陥りました。しかし、幸之助と社員たちが一丸となって努力した結果、再び急成長し、日本を代表する電器メーカーとなったのです。とくにテレビや洗濯機、冷蔵庫といった家電製品が大ヒットしたことで、日本人の生活はとても便利になりました。

 

ところで、小学校さえ卒業しておらず、身体も弱かった幸之助が、なぜこのように仕事で成功することができたのでしょうか?

それは、ただ単に経営者として優れていたからだけではありません。幸之助は、「哲学者」といわれるほど人間についてとことん考え抜きました。そして、人間が幸せになるためや、仕事で成功するために「大切なこと」をいくつも発見し、これを実践したのです。その結果として幸之助は、大きな成果をあげることができたのです。

 

生きていく上で大切なこと(1)……素直な心になる

 

たった9歳で社会に出た松下幸之助は、わからないことがあったら、いつも素直に人から教わっていました。経験を積んでいくうちに、自分でも物事をよく考えるようになっていきます。純粋な少年だった幸之助は、社会のしがらみや大人のゆがんだ理屈にとらわれず、まっすぐに素直な心で考えて答えを出そうとしました。それが幸之助の「心の習慣」となっていったのです。

子どものころは、自分が「素直な心で考え、行動している」とは思っていなかったかもしれません。しかし、のちに哲学的に考えを深めていくうちに、幸之助は「素直な心」の大切さをはっきりと自覚しました。

ここでいう「素直な心」とは、ただ従順ということではなく、「何ものにもとらわれない、くもりのない心」という意味です。そして素直な心になれば、人は強く、正しく、聡明(ものの理解や判断が優れてかしこいこと)に生きていけることを実感し、確信することができたのです。

大人になってからも、幸之助は「素直な心」で考えることを心がけました。そうして問題を解決し、事業を成功させていったのです。

 

生きていく上で大切なこと(2)……決してあきらめない

 

松下幸之助は、「成功とは、成功するまで続けること」だと言いました。失敗したところでやめるから失敗になるのであり、成功するまであきらめずに続ければ、それは成功になります。

2012年、iPS細胞の開発に成功した、医学者で京都大学教授の山中伸弥さんがノーベル賞を受賞したニュースは記憶に新しいと思います。iPS細胞とは、人間の皮膚などの細胞に数種類の遺伝子を加えて、人体のいろいろな部分の細胞に成長できるようにした細胞のことです。将来的には、iPS細胞を使って新しい薬品を開発したり、体の悪い部分に移植して病気を治せるようになると言われています。

かつて山中教授は、実験用のネズミの世話にばかり手間がかかったり、まわりの人たちに研究内容が理解されなかったり、思うように資金が集まらなかったりしたことで苦しみ、何度も挫折しそうになったそうです。しかし決してあきらめず研究を続けた結果、iPS細胞をつくることができました。

松下幸之助も、「電気で暮らしに役立つ仕事がしたい」という思いをもち続けました。どんな逆境に立たされても、どんな難しい問題に直面しても、成功するまで決してあきらめませんでした。その結果、パナソニックという世界的企業をつくることができたのです。

 

生きていく上で大切なこと(3)……自分の使命に気づく

 

7人いた松下幸之助の姉や兄は、幸之助がまだ若いころに全員亡くなってしまいました。つまり、家族の中でも幸之助が一人だけ生き残ったのです。さらに、船から海に落ちても助けられ、自転車に乗っていて車にはねられても、かすり傷一つ負いませんでした。

そんなことから、「人よりも身体の弱かった自分が生かされていることには何か意味がある」と、幸之助は考えるようになりました。そして、自分にしかできないこと、自分だからできることは何だろうと思い、自分の使命を意識しながら行動するようになったのです。

あなたも、自分の使命についてよく考えてみましょう。決して難しいことではありません。家庭、地域、学校、部活動など、自分が今いる場所で、自分だからこそできることを探してみるのです。すると、やがては「自分の人生で果たしていくべき使命」に気づくことができるに違いありません。

 

幸之助がたどりついた「大切なこと」をもう一度まとめておきましょう。

 
生きていく上で大切なこと(1)……素直な心になる
 
生きていく上で大切なこと(2)……決してあきらめない
 
生きていく上で大切なこと(3)……自分の使命に気づく

 

この3つをはじめ、本書のお話ごとにまとめている「大切なこと」は、いずれもあなたの生活の中で実践してみてほしいことなのです。それは、あなたの「生きるカ」となって、これからの人生を充実させる秘訣だからです。パナソニックの創業者松下幸之助が、生涯をかけて考え抜き実践した「幸せに生きるために大切なこと」。松下哲学をわかりやすく教えます。

 


 


素直な心になれたら

松下幸之助が中学生に教えたかったこと

 

パナソニックの創業者松下幸之助が、生涯をかけて考え抜き実践した「幸せに生きるために大切なこと」。松下哲学をわかりやすく教えます。