結婚のため、それまでやっていた仕事を全てやめて上京した時、ミュージシャンの夫と私の世帯年収は二百万円台でした。
収入が少なかったので、日々の節約だけでなく、どこにお金を預ければお金が貯まるのか、銀行、郵便局、証券会社、保険会社などを訪ね回ったものです。
その後、ファイナンシャル・プランナーの資格を取得して驚いたのは、私より年収の多い人たちが、予想よりはるかに貯金が少なかったこと。私は都内の庭付き一戸建てを購入後、二年で完済できるお金を貯金しました。株や不動産投資を始めましょうと言うのではありません。ちょっとした「貯めワザ」ですぐにお金は貯まるのです。そのスタートはお金に興味を持つことです。
 
bonyarihuuhu540.jpg
 
低金利に負けない! 「銀行」の貯めワザ
 
(貯めワザ1)ネットの利用で、金利はぐんと有利!
インターネット専業銀行や一般銀行のインターネット支店に口座を開設すると、店舗や通帳がない分、大手銀行の窓口を利用するより金利が高いのが特徴です。中には、キャンペーン金利(30万円以上の預け入れの1年定期)で0.3%という銀行も。100万円預けた時の税引き前の利息が250円と3,000円と、10倍以上の差が出る場合もあります。
 
(貯めワザ2)外国銀行の円定期は、普通預金の数十倍!
たとえ7億5千万円の宝くじが当たっても、日本の銀行では1年物大口定期金利(0.025%)で年約18万円。利息だけで暮らすのは無理です。一方、外国銀行の日本支店に預ければ、1年もの円定期預金で金利0.35%、現地通貨建ての定期預金なら2.5%の銀行も。1億円以上の預け入れで金利1%の銀行なら、年750万円の利息(税引き前)。当選金の利息だけで暮らすという夢も叶いそうですね。
 
 
●楽しみながらお金を貯める、ユニーク定期預金●
地方の銀行や信用金庫ではよく、ユニークなサービスをプラスした定期預金を設けています。例えば、「ジャンボ宝くじ付き定期預金」。100万円の定期預金に3,000円分の宝くじ付きだから、利息0.3%が現物支給されたようなもの。他には、応援しているプロ野球チームのシーズン成績に応じて懸賞金が出たり、地元の特産品がもらえる定期預金もあります。また、子どもが多いほど金利を上乗せする商品も。ぜひ、地元の金融機関をチェックしてみましょう。
 
 
実はこんなにお得! 「保険」の貯めワザ
 
(貯めワザ3)解約すると増えて戻ってくる「一時払い終身保険」
終身保険の保険料を一括で支払うと、面白い効果があります。保険なので一生、大きな死亡保障がついてくるのはもちろん、解約しても一定期間を超えれば、払った保険料よりも多く戻ってきます。しかも、預金の利息は税金を徴収されますが、保険の解約返戻金は一時所得なので一定額まで非課税。5年以上使う予定がなければ、銀行の普通預金よりお得です。
 
(貯めワザ4)18年後に88万円が100万円「子ども保険」の裏ワザ
お祝いなどでまとまったお金が入ったら、迷わず入りたいのが「一時払いの子ども保険」です。約88万円の保険料が、18年後には100万円になって戻ってきます。コツコツ毎月積み立てたい方は、低解約返戻金型の終身保険も検討されては? 保険料払込期間を過ぎて解約すれば、払ったお金より多く返戻金を受け取れるので学費にできます。
 
(貯めワザ5)実質保険料がゼロ、配当金までもらえる「火災保険」
掛け捨てのイメージの強い火災保険ですが、中には満期にお金が戻ってくる商品もあります。例えば保険期間が6年間で、家屋か家財のどちらかに1,000万円の補償をつけるプランなら、一時払いの保険料は299万4,000円(鉄筋コンクリートなどの耐火造住宅)。6年後には300万円の満期払戻金と配当金(余剰金が出た時のみ)が受け取れます。
 
 
 
活用しないとソン! 「制度・支援」の貯めワザ
 
(貯めワザ6)マイホームを購入する前に知っておきたい貯めワザ
マイホームを購入する前にまず、物件探しと並行して、住みたいエリアの自治体のサポート制度をチェック。住宅ローンの一部を補助する制度を持っている自治体もあります。また2014年まで、マイホームを買う際には相続税が一定の額までかからないという制度もありましたが、2014年の消費税増税後は、住宅ローン減税が拡大されます。
 
(貯めワザ7)寄附をしたら、国からキャッシュバック
国が認めた団体に2,000円以上の寄附を行なった場合、寄附金から2,000円を引いた額を「寄附金控除」として所得から引くことができます。また、東日本大震災のための一定の寄附と、公益社団法人、認定NPOなどに寄附した場合は、税額控除と所得控除のどちらかを選ぶことができるので税務署で相談するといいでしょう。
 
(貯めワザ8)わが町の「子育て支援サービス」をチェック!
少子化対策として、子育て支援サービスに力を入れる自治体が増えてきました。例えば、子どもの「医療費助成制度」も義務教育終了まで実施している自治体もあります。また、クーポンなどを発行して、各種サービスやお店での買い物の割引きが受けられることも。東京都では、受験料の捻出の困難な世帯に対し、無利子で貸付けも行なっています。
 
 
上手に活用したい!「お得サービス」の貯めワザ
 
(貯めワザ9)マイカーを持たずに「カーシェアリング」
車は所有するだけで、駐車場代、保険代、各種税金などさまざまなコストがかかります。そこで最近、都市部を中心に、カーシェアリングが人気急上昇中です。入会時の会員カード発行料のほか、毎月の会費と使用料金だけで、ガソリン代を支払う必要もありません。予約をすれば二十四時間、好きな時間に利用ができ、ガソリンを満タンにして返す必要もない手軽さです。
 
 
(貯めワザ10)「旅行積立」「デパート積立」を賢く利用
女性に人気の「デパート積立」。毎月一万円ずつの積立で年間十三万円の商品券がもらえるので、デパートで購入予定のある方にはお得です。旅行会社や航空会社にお金を積み立てる「旅行積立」は満期時に一定のサービス額を上乗せされた旅行券を受け取るもの。預金よりも大きく増えますが、中途解約が損になることや、旅行券に有効期限があることなど注意が必要です。
 
 

 
rakuru1402.jpg
月刊誌「PHP」の増刊号として刊行している、主婦が何気ない毎日をラクに楽しく過ごせるように応援する生活情報誌です。料理、掃除、収納、お金管理、段取り術といった家事から、人間関係やストレスなどの心理問題、開運方法など、主婦なら誰もが関心のあるテーマを、その道の専門家の解説で紹介しています。忙しい主婦が見てすぐに真似できるように、イラストや写真、チェックテストを多用して、暮らしに関する最新のノウハウを分かりやすく満載しています。
 
 
◎◎年間購読のご案内◎◎
毎月、忘れずに『PHPくらしラク~る♪』を読みたい!
そんなあなたにおすすめしたいのが、年間購読。
毎月ご自宅へお届けします。送料無料。お手続きはこちらからどうぞ。
 
 
 

 

山口京子 やまぐち・きょうこ
ファイナンシャル・プランナー。
大学在学中からテレビやラジオに出演し、卒業後はフリーアナウンサーに。結婚後、 ファイナンシャルプランナー資格を取得。テレビ『解決! ナイナイアンサー』に出演するなど活躍中。『年収200万円からの貯めワザ生活』など著書多数。
 
 
 
【PHPファミリー おすすめ記事】

「稼ぐ男」にミラクルチェンジ! 夫の金運&仕事運を上げる「賢妻」の心がけ

子どもの教育を夫婦で考える~大学に行かせるお金の貯め方・氏家祥美

"朝だけ家事"のはじめ方――書き出しと並行の段取り術~毎田祥子