「"オシャレな人"は、靴やバッグ単体がオシャレなのではなく、全体の"スタイル"がオシャレなのです。」......人気スタイリスト・坂本陽子さんが語る、コーディネートのコツをご紹介します。

 

youkosakamoto1.jpg

 

気に入って買ったはずなのに、結局、一度も着ていない......。そんな服や靴を誰もが持っているのではないでしょうか。

 

その失敗の原因は、買い物をする時に、全身のコーディネートを考えていないから。自分のワードローブを思いめぐらせて、あのボトムと合わせよう、あの靴に似合いそうなどと想像しながら買い物をしていれば、無駄な買い物もぐんと減るはずです。

 

とはいえ、「なんにでも合うはず!」と思って買ったものが、実際家に帰ってコーディネートしてみたら全然素敵じゃなかった、ということもあるんですよね。オシャレは一筋縄にはいきません。

 

街で見かける"オシャレな人"は、靴やバッグ単体がオシャレなのではなく、全体の"スタイル"がオシャレなのです。全身のコーディネートに統一感があり、バランスがとれていでどこか一つが悪目立ちすることがありません。彼女たちのファッションは、ジャケットやパンツの丈も、コートのフィット感も、アクセサリーの分量も、ヒールの高さも、バッグの大きさも、全部充分に計算されているのです。

 

そう聞くと、それは一部の人にしかできないのではないか、スタイリストのような技術がいるのではないか、とうんざりする人もいるかもしれません。全身コーディネートを完成させるには、確かにスタイリストのように 「客観的な目」 を持つことが必要です。だけど心配しないで。それは、毎日の練習で身につけることができます。

 

たとえばこんな方法です。これは実際に私がやっている方法なのですが、まず、その日着るものをすべて、ベッドの上に並べてみてください。服だけではなくて、靴もタイツもアクセサリーもバッグも、全部置いてみるのです。下着も置いてくださいね (透けるかどうかの確認もできますので)。そして改めて、よく「見る」。鏡で見るのとは違って、文字通り客観的にコーディネートを見ることができるので、色やバランスが合わない部分が、明確に浮かび上がってきます。調整をして納得ができたら、身に着けて、全身を鏡に映して確認をします。言うまでもないことですが、オシャレでいちばん重要なのは、全身を鏡でチェックすること。シルエットがどこかおかしい、微妙に体型に合わないと感じたら、面倒でもコーディネートをやり直しましょう。

 

最初のうちは時間がかかるかもしれません。けれど慣れてきたら、結果的に、身支度が劇的に時短したと感じるはず。そして、毎日のオシャレが俄然楽しくなると思います。TPOに応じたコーディネートも、簡単にできるようになりますので、ぜひ試してみてください。

 

ただし、コーディネートにがんじがらめになって、無難なオシャレしかしないなんてもったいないですよ。トレンドアイテムも、ベッドに並べてみれば、自分ならではの取り入れ方を見つけられます。オシャレな大人だからこそ取り入れられるトレンドもあるのです。

 

そして、コーディネートが上手くなるコツは、まず、その日の主役を決めること。主役を決めると、おのずと脇役が決まって、無駄のない、やり過ぎないコーディネートが簡単に完成します。

 

 


 

【本書のご紹介】

 

上質大人カジュアルBOOK


『上質大人カジュアルBOOK』

カジュアルさと上品をMIXさせた大人のための"しゃれカジ"とは? 人気スタイリストが、アイテムの選び方から着回しのコツを伝授。


【著者紹介】
坂本陽子(さかもと・ようこ)
スタイリスト。『STORY』『HERS』 『GOLD』など、40代から50代向け女性誌を中心に幅広く活躍。大人のための「イタくない」カジュアル感と上品さを両立させたスタイリングにはファンが多く、ブログも人気を集めている。