なかなか夏休みの宿題にとりかからない......。そんなわが子を見て、やきもきしていませんか?

 

kodomotensai.jpg

 

「宿題なんていいじゃん!」と楽天的に構える

 

夏休みは宿題がたくさん出るので「学習計画を立てさせなくては」と思うお父さんやお母さんもいるかもしれません。

 

でも自分の学生時代を思い出してください。

 

計画通りに勉強が進んだことがあったでしょうか?

 

子どもに綿密な学習計画を立てさせたところで、その通りに実行できなかったり、ギリギリになんとか終わらせることが続けば「計画は守れないもの」「どうせ計画しても無駄」というイメージができあがってしまうばかりです。

 

そこで夏休みは学習計画を立てさせず、あえて子どもにとことん遊ばせることをお勧めします。

 

ご存じの通り子どもは飽きるのが早いので、好きなだけ遊ばせると、ほうっておいても別のことをし始めるものです。

 

ですから夏休みになったら、親御さんはぜひ、

 

「宿題なんていいじゃん、遊んじゃえ遊んじゃえ~」

 

「8月31日に、はちまき巻いてやれば終わるよ! 天才なんだから大丈夫だよ」

 

というくらいの、楽天的なノリで構えましょう。

 

そうしながら、とりあえず子どもの視界に入るところに宿題を置いておくのがポイントです。

 

ちらちら視界に入るため、子どもも存在を忘れることがなく、そのうち「自分でなんとかしないとヤバイ......」 と気づいて宿題をやり始めます。

 

この作戦は、なるべく子どもが小さいうちから始めておくといいでしょう。

 

小学校低学年くらいだと、まだ自分のペースがつかめていないので、始業式までに宿題が終わらず、提出できないことがあるかもしれません。

 

でも失敗するなら、早いほうがいいのです。

 

子どもは自ら取り組んだことが達成できないと、心から悔しいと感じます。

 

もし子どもが宿題を提出できなくて落ち込んでいたら、叱らないことです。

 

「そっかー、先生に言われちゃったかー。お母さんも、もうちょっと注意してあげれば良かったかな?」 と受け入れてあげましょう。

 

こういった親の言葉を聞いて、そこで初めて子どもは「いや僕がちゃんとやれば良かったんだ」と自分の責任をしっかり認めることができるのです。

 

その気持ちが「次の宿題は早くから取り組んで、ちゃんと終わらせよう」という反省、そして問題意識につながっていきます。

 

反対に、親が無理矢理計画を立てさせたり、「ちゃんとやりなさい」と管理して宿題をやらせていると、子どもは中学生、高校生になっても、言われないとやらない人に育ってしまいます。

 

それでも宿題が終わらず、先生や親に叱られたところで、凹むことはあっても、反省はしないでしょう。自分がやろうと思ったことではなく、親に管理されてやっていたことなので、できなくても「悔しい」とか「次はがんばろう」という気持ちは生まれてこないのです。

 

すでにお子さんが高校生くらいになっていて、いまだに夏休みの宿題がきちんとできない、という場合でも、とことん遊ばせる方法にチャレンジしてみてください。

 

小さい子よりも反応はだいぶ遅いと思いますが、自己管理という意識はきちんと身につきます。 いずれにせよ、大人になる前に自分で管理できる能力を育ててあげることが大切です。

 

point:ほったらかしで遊ばせれば、子どもは自ら宿題をやる

 


 

【本書のご紹介】

 

子どもを志望校に合格させる親の習慣


『子どもを志望校に合格させる親の習慣』

「東大合格請負人」として教育界で注目を集める人気講師が、子どもに本当の学力をつけさせるために必要な家庭での習慣を解説。

 

【著者紹介】

時田啓光(ときた・ひろみつ)

株式会社合格舎代表。東大合格請負人。

1986年山口県生まれ。京都大学大学院理学研究科修士課程(数学・数理解析専攻)修了。大手予備校に所属することなく、口コミや数え子の紹介などにより、家庭教師や塾講師として延べ1200人以上の生徒を教えてきた。偏差値35の高校生を1年2カ月で東大現役合格へ導いた実績を持つ。2014年には『中居正広のミになる図書館』(テレビ朝日系)で、自分の力で問題解決を図る独自の指導哲学が紹介され、大きな反響を呼んだ。メディア出演のほか、全国の高等学校などで講演活動を行っている。

著書に『東大の入試問題で「数学的センス」が身につく』(日本実業出版社)がある。