必要なのは誕生日と血液型だけ!あなたを12のねこにたとえると、どのねこでしょうか。家族や友人など、周りの人たちのタイプもチェックしてみましょう!

 

nekotop.jpg

 

基本性格がわかる! 「ねこタイプ」の出し方

 

1.あなたの誕生日から星座をこちらで調べて【行動傾向】が「活動・不動・柔軟」のいずれに当たるかをチェックします。

 

2.あなたの血液型をこちらで調べて【価値観】が「感覚・思考・直観・感情」のいずれに当たるかをチェックします。

 

3.あなたと同じ【行動傾向】と【価値観】の組み合わせをこちらから探しましょう。そこに書いてあるのがあなたの「ねこタイプ」になります。

 

それぞれの「ねこタイプ」の人生

 

【NO. 001 トラねこタイプ】

人生を自力で切り開くファイター

 

 

neko1.jpg

 

自立心旺盛なトラねこは、幼いころから「自分の道は自分で切り開かなきゃ」と無意識のうちに考えていたはずです。その結果、「自分はこれを頑張った」という成功譚をいくつも持っているのでは?そんなトラねこタイプの人生の原動力は「勝ちたい」という気持ち。戦いを挑む相手は同年代のライバルだったり、年長者だったり、あるいは昨日までの自分自身だったり......。最初はまったく歯が立たないかもしれません。でも何度跳ね返されても立ち上がり、再びぶつかっていきます。そんなトラねこの姿は人々の心に感動を呼ぶでしょう。そうしていつしか仲間が増え、トラねこを中心とした「輪」が生まれていくのです。そんな勇者のような人生こそが、トラねこの生きる道。むしろ「戦う相手がいない」ことのほうが恐怖かもしれません。

 

【NO. 002 黒ねこタイプ】

「敵を作らない力」で生き抜く

 

neko2.jpg

 

マンガや童話では、ちょっとミステリアスな存在として描かれていることが多い黒ねこ。黒ねこタイプの人も、派手に自己主張するわけではないので「おとなしい」と思われがちかもしれません。でも、それは仮の姿......!

実は誰よりも芯が強く、確固たる「自分の世界」を持っている人です。一度、「こう」と思ったことは決して譲らず、信じた道を最後まで突き進むでしょう。そのためこのタイプは典型的な大器晩成型。序盤勝負の人が息切れしてくるころに、確かな実力と自信をつけて、俄然輝き始めます。

とはいえ決してガツガツしているわけではないのがこの人の魅力。争いごとを嫌うピースフルな性格なので大勢に愛されます。のんびりしながら、気づけば周りに引き立てられ、あっというまに幸せを手にするのです。

 

【NO. 003 キジねこタイプ】

軽いノリ、でも人間観察のプロ

 

neko3.jpg

 

12ねこタイプ中、一番のコミュ力を誇るのがキジねこタイプ。どんな人にもきさくに話しかけ、会話を盛り上げます。好奇心旺盛であらゆるジャンルをフォローしているので、話のネタに困ることはまずありません。とはいえ、ただの世渡り上手にあらず!実は頭の回転が速い頭脳派で、相手の発言の裏を読んだり、状況を冷静に分析して打つべき一手を考えたり......とかなりの策士。自分が優位になるように情報操作するなんて朝飯前でしょう。

かといってそれで悪事を働くわけではありません。自分のしたいことをするために、一番効率のいい方法を考えているだけなのです。「人を楽しませるお気楽人間」と「策略を巡らす頭脳派」。2つの顔を使い分けながら、ある日、皆がアッと驚くようなことを成し遂げるのがキジねこタイプなのです。

 

【NO. 004 白ねこタイプ】

感じるままに生きる愛の人

 

neko4.jpg

 

「ハートのままに生きる人」、これが白ねこタイプの特徴です。喜怒哀楽が激しく、はしゃいでいたかと思えば、些細なことでドーンと落ち込むなんて日常茶飯事。言い換えれば「自分の気持ちに正直に生きている人」です。

そんな白ねこタイプですから、頭で考えるより先に心が反応することが多そう。不正がまかり通っているのが許せないと思えば抗議しますし、誰かが困っているのを見れば見捨てておけず手を差し伸べます。ただし自分の名誉や建前、損得では動きません。「ハートが動くかどうか」の一点なのです。だからこそ、自分にとって損だとわかっていても身体が動いてしまう場面もあるでしょう。でも一度助けられた人は一生、恩を感じるはず。そうして人々と関係を育み、愛を感じながら生きることが、人生のテーマなのです。

 

【NO. 005 茶白ねこタイプ】

なぜか注目を浴びる、王者の宿命

 

neko5.jpg

 

茶白ねこタイプの人には、そこにいるだけで場がパッと明るくなる「華」があります。目立ちたがり屋で根っからのお祭り好きなのですが、その心の明るさがオーラとして、外ににじみ出ているのでしょう。

そんな茶白ねこの輝きの源、それは自信です。生まれつき「自分大好き」「自分は素晴らしい」という不思議な自己肯定感を持っています。それが嫌味に見えないのは、本当に心からそう思っているから。でも何かの拍子に自信を失い「自分なんて...... 」と思い始めると大変。成功している人を妬んだり、すべてにやる気を失ったりと、厄介な「かまってちゃん」に変貌。「自分はできる!」そう思い続けることさえできれば、自然と恋も仕事もお金も...... あらゆるチャンスを自分に引き寄せる、本物の「王様」となれる人なのです。

 

【NO. 006 青ねこタイプ】

すべてを整える、聖域の守護者

 

neko6.jpg

 

心の中に、とても美しい純粋な世界を持っているのが青ねこタイプです。そこはすべてがきちんと整えられた完璧な場所。そのため「すべてをあるべき場所に収めたい」という衝動を持っています。身の回りの物品も、他人の行動も、自分自身の心も、すべて乱れなく整っていることを求めるのです。 

ミスやトラブルを避けるため、用心深く安全第一。そんな性格もあいまって、幼いころから優等生タイプだったはず。頭が良く、礼儀正しいので、周囲の期待に一心に応えてきたでしょう。でも「こんな生き方、つまらないのでは」とひそかにコンプレックスを抱いているかも......。言い換えれば、それは「絶対に確実な道」を選べる能力があるということ。不安定な時代、ますます存在感を高め、確固たるポジションを築いていく人なのです。

 

【NO. 007 三毛ねこタイプ】

あらゆる幸せを享受したい!

 

neko7.jpg

 

明るく朗らかで、どんな人にも笑顔で接する三毛ねこタイプ。フレンドリーで平等なので敵を作りません。人脈も広く、たくさんの所属コミュニティーを持ち、あちこちから声がかかるでしょう。また頭が良く、常に損得を計算しているのも特徴。「睡眠時間を削ってまで頑張る」「報酬が少なくてもやる」といった根性論は好みません。「仕事は楽しいけれど、結婚もしたい。趣味だって楽しみたい。どれもそこそこに楽しめれば満足」......そんな三毛ねこタイプの生き方を「無難な人生」なんて揶揄する人もいるかもしれません。でも本人はどこ吹く風。三毛ねこタイプは「いいとこ取り」したいのです。すべての人と仲良くしたいし、すべての幸せを味わいたい...... すべてにおいて欲張って生きる時、最高の幸せを手にできる人なのです。

 

【NO. 008 ブチねこタイプ】

決して揺らがず、自分を貫き通す

 

neko8.jpg

 

ブチねこタイプの性格をひと言で表すなら「武士」。言葉数は少なめで、いつも直球勝負。「やんわり」「それとなく」といった力加減が一切できません。そのため誤解されたり、人と衝突することもしばしば。それでも多くの人がブチねこに一目置いているのは、その内側に熱い「何か」が燃えたぎっているのを感じるからです。でも本人は、自分の不器用さと"間の悪さ"を自覚していて、「どうせうまくいかない......」と悲観的になりがちな一面が。

実はブチねこタイプは、試練を経ることでどんどん強靭に、美しくなっていく運を持っています。それはまるで鍛錬される刀のよう。あれこれ何かを「増やす」よりも、1つのことを「究める」生き方が似合います。余計なものを削ぎ落し、自分を貫いた先に、本当の幸せを見つけていく人なのです。

 

【NO. 009 サバねこタイプ】

不思議な余裕で我が道を歩む

 

neko9.jpg

 

どんなピンチの場面でも「なんとかなる」とドーンと構えているサバねこタイプ。細かい計算や段取りといったことは苦手なものの、「まあ、この人が言うなら大丈夫なんだろう」という不思議な余裕を感じさせます。

幼少期から「人と同じ、退屈な人生には耐えられない。自分の道を歩きたい」という欲求があり、進学や就職など、他人とは違う選択をしてきたはず。人生において「何かと戦う」出来事に直面しやすい傾向がありますが、逆境ほど燃える性質があるため、がむしゃらに頑張りながら自然と実力をつけてきたでしょう。そんなサバねこタイプは1つ、素晴らしい力を持っています。それは大事な場面で、自分に風を吹かせることのできる強運。その力の使いどころを間違えなければ、人生の大勝負で「大金星」を勝ち取れるかも!

 

【NO. 010 タビねこタイプ】

着実に人生の山を登り詰める

 

neko10.jpg

 

幼いころからおとなびた雰囲気を持つ人、それがタビねこタイプです。周りの子が駄々をこねている横で、ジッと自分の気持ちを抑え、コツコツと努力をしてきたでしょう。一見、控えめに見えますが、その内には強い野心を秘めており、「必ず何か大きなことを成し遂げる」と心に誓っているはず。

そんなタビねこタイプは「自分に厳しい」のが特徴です。これは果たして長所なのか、と思うかもしれませんが、タビねこの場合、素晴らしい長所。なぜなら「自分はまだまだ」と思うからこそ、努力を惜しみません。そうして「まだまだ」と言いながら一歩ずつ登っていくうちに、自然と頂上にまで登り詰めることができるのです。どんなに高い山も確実に登り切る力を持って生まれたということは......どんな夢も叶えることができる人、ということです!

 

【NO. 011 サビねこタイプ】

常識に縛らない、独自のスタンス

 

neko11.jpg

 

ほかの人とは異なる思考回路の持ち主、それがサビねこタイプです。普通の人が当たり前のものとして受け入れている常識や固定観念にも「それって本当?」と疑ってかかり、自分の頭で考えて独自の答えを出すことができます。そのため社会のルールや伝統を重んじる人から「協調性を持ちなさい」「もっと大人になれ」と怒られがちですが、本人は気にしません。むしろ「誰が決めたかわからないルールに押さえつけられ、すでに誰かが歩いた道の上を、同じように歩くだけの人生に何の意味があるの?」とうんざりするはず。

実はサビねこタイプには「未来を見る目」があります。だからこそ自信を持って取った行動はすべて、未来になった時に「正解」だったことがわかるはず。どんなに今は「異端」でも、実は「最先端」の生き方なのです!

 

【NO. 012 シャムねこタイプ】

自ら愛することで幸せを手に

 

neko12.jpg

 

まるでこの世に降りてきた天使のような、不思議な存在感を持つのがシャムねこタイプです。どんな人にも分け隔てなく優しく、愛を持って接することができます。また他人を悪く言ったり否定するということが一切ないので、癒やしを求めて多くの人が集まってくるでしょう。困っている人、悲しんでいる人を放っておけず、自分を犠牲にしても助けようとします。いわばすべての人にとって、オアシスのような存在なのです。

そのため「自分ばかりが損をしている」と感じることもあるかもしれませんが、助けた人が新たな縁を運んでくれるなど、必ずいろいろな形で「お返し」があるはず。人に優しくすればするほど、愛情、チャンス、豊かさ......さまざまなものを引き寄せ、幸せになれる。そんな運命を持つ人なのです。

 


 

【本書のご紹介】

 

 

マーク・矢崎治信著 『ねこ占い』

可愛いねこの写真が満載! あなたを12の「ねこタイプ」に分類。性格や運勢、気になる人や、ねことの相性(笑)などがまるわかり!


【著者紹介】
マーク・矢崎治信(まーく・やざき はるのぶ)
1959年4月22日生まれ。牡牛座でO型。子どものころから神秘的なものに興味を持ち、独学でさまざまな神秘学を学ぶ。20歳で月刊少女誌『マイバースデイ』(実業之日本社)に連載を開始し、人気占い師の仲間入り。西洋占星術から心霊現象の解明まで守備範囲は広く、特におまじない研究に関しては「おまじないブームの仕掛け人」として、時の人に。その後もテレビ、雑誌、新聞を中心に活躍し、また異業種企業とタイアップしての商品(お菓子、玩具、ゲームその他)開発にも携わる。現在も毎日新聞朝刊の占い担当のほか、ウェブ上や携帯電話の占いなどで大活躍中。