快楽ホルモンと幸せホルモン。2つの脳内物質の力で、だれでも「片づけ脳」「金持ち脳」になれるのです。

 

女性

 

脳が変われば行動も変わる

 

家の中を片づけたいけどやる気が起きない、あるいは、片づけは苦手だからと、片づけをあきらめていませんか?そんな悩みを抱える方も、安心してください。ここで紹介する簡単な方法を3日間続ければ、あなたの脳は「快楽ホルモン」と呼ばれるドーパミンによって「片づけ脳」になり、自然と片づけの習慣がつきます。

神経伝達物質の一つであるドーパミンには、やる気や集中力を高める働きがあります。ドーパミンが増えると、自然とやる気が湧いてくるのです。

ただ、ドーパミンが出すぎると、「イケイケドンドン」状態になって、買い物やギャンブルの依存症になる危険性も。

そんなドーパミンの暴走を止めてくれるのが、「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンです。神経伝達物質のセロトニンには心を平穏に保つ働きがあるので、上手にセロトニンを分泌させれば、毎日、ハッピーな気持ちで過ごすことができます。

そうなると、ストレス解消のためにムダな買い物をすることもなくなり、節約上手な「金持ち脳」になって、お金がたまっていく│まさに一石二鳥です。 「片づけ脳」と「金持ち脳」を手に入れる生活習慣を、ぜひ身につけましょう!

 

ドーパミンで「片づけ脳」をつくる!

 

目標を細かく分けて達成感を味わうことで、つねにやる気が継続されます。

 

・小さな達成感が脳に快感を与える

やる気を引き出すには、達成感を得ることがとても重要です。どんなに小さな目標でもいいので、一つのことを達成すると、ドーパミンが出て、なんともいえない快感を覚えます。

「快楽ホルモン」ドーパミンは、体じゅうに高揚感を与えます。そして、次の目標も達成しようと考えるだけでワクワクし、やる気が引き出されるのです。

ちょっとした片づけを終えて幸福感を味わうと、ドーパミンが正常に分泌されて、片づけが楽しくなります。また片づけをしようという気になり、いつの間にか片づけ好きになっていきます。

 

・ 自画自賛でOK!

ドーパミンの力で片づけ上手になるためのポイントは、片づけのあとにキレイになったことを自分の目で確認すること。キレイにする前と、したあとを、写真にとっておくといいでしょう。写真を見比べることで、キレイになったという達成感を何度でも味わうことができます。

こうした積み重ねが意欲につながり、ドーパミンの分泌が増えるのです。

 

3日で「片づけ脳」!

 

【1】今日キレイにする目標を立てる

まず1日目に、今日キレイにする場所を1カ所決めましょう。大がかりな掃除・片づけではなく、簡単にできることから始めるのがコツ。たとえば、鏡を磨くとか、玄関のモノを片づけるといったことでいいのです。

 

【2】小さい目標を3日間実行する

1日目の掃除・片づけが済んだら、2日目はテーブル、3日目はテレビまわり、というように細かく目標を立てて、実行していきます。3日続けるだけで、目につくところはピカピカになっているはずです。

 

【3】家族に報告する

日頃、あなたの家事を評価してくれない家族には、毎日、「ここをキレイにしたよ」と積極的に報告して、ほめてもらいましょう。ドーパミン効果を上げるには、やはり家族から認められるのが一番です。

 

【4】自分で自分をほめる

家族に報告してほめてもらうのが難しければ、自分で自分をほめればOKです。前日キレイにしたところを次の日も確認し、「きのうの私、よくやったわ」と、自分で自分をほめて達成感を味わいましょう。

 

セロトニンで「金持ち脳」をつくる!

 

セロトニンを出すことで気持ちが安定し、節約や貯蓄が上手になります。

 

・買い物による高揚感を抑えよう

買い物をして高揚感を得ているようなときは、ドーパミンの力が強くなりすぎています。ドーパミンによる高揚感は癖になりやすく、買い物でストレス発散をすると、どんどん買い物欲が高まり、浪費癖がついてしまいます。

こんなときは、「幸せホルモン」セロトニンの分泌をうながして、気持ちを落ち着かせることが大切です。セロトニンが正常に分泌されると、ドーパミンによる行き過ぎを抑えることができるのです。

 

・お金を使わなくても満足感が得られる

ドーパミンによってやる気を引き出し、安定した精神状態で前向きに生活設計をしていくには、ドーパミンとバランスをとるセロトニンがつねに出やすい状態にしておく必要があります。

セロトニンが十分に分泌されて、不安感や恐怖感、痛みなどが和らぎ、心が満たされた生活を送れるようになると、自然と節約や貯蓄を心がける「金持ち脳」が生まれるのです。

そのためにも、次に紹介するような、セロトニンが出やすくなる行動を取り入れるようにしましょう。

 

3日で「金持ち脳」!セロトニンが出やすくなる4つのコツ

 

【1】朝、 太陽の光を浴びる

朝、目が覚めたら、すぐにカーテンを開けて太陽の光を浴びましょう。そうすることでセロトニンの分泌が増えます。また、1日じゅう部屋に閉じこもらず、毎日1回は外に出て、日光に当たることが大切です。

 

【2】リズムにのって運動をする

運動といっても、本格的なものではなく、軽く体を動かす程度で大丈夫。「イチ、ニ、イチ、ニ」とリズムにのって、家のまわりを10分ほどウォーキングするだけで、セロトニンがどんどん分泌されるようになります。

 

【3】リズミカルに歯を磨く

運動なんておっくう、という方におすすめなのが、歯磨きです。「シュッ、シュッ、シュッ、シュッ」とリズミカルに歯磨きするだけで、セロトニンが分泌されます。5分以上続けると、さらに効果が期待できます。

 

【4】歯ごたえのあるものを食べる

あられやせんべいのような歯ごたえのあるお菓子を、「ポリポリポリ」といい音をさせながら、よく噛んで食べましょう。あごの動きによってセロトニンが分泌されます。キュウリやニンジンなどの野菜スティックでもOK。

 

著者: 齊藤 勇(立正大学名誉教授、大阪経済大学客員教授)

 


 

くらしラク~る「PHPくらしラク~る」は主婦が何気ない毎日をラクに楽しく過ごせるように応援する生活情報。 2017年10月号の特集は<すっごい片づけ>です。

 

年間購読のご案内

毎月、忘れずに「PHPくらしラク~る♪」を読みたい! そんなあなたにおすすめしたいのが、年間購読。毎月ご自宅へお届けします。送料無料。 年間購読のお手続きはこちらからどうぞ