体を冷やす「エアコン」「食べ物」「飲み物」に打ち勝ちましょう!

 

女性

 

冬より夏のほうが冷える!?

 

「夏に冷え? 冬の話じゃないの?」と意外かもしれませんが、じつはエアコンや冷たい食べ物などによって引き起こされる「夏の冷え」と「冷えによる腸のダメージ」は非常に深刻です。

特に冷え症の人は「夏の冷え」には注意が必要です。なぜなら、冷え症の人はお腹が冷えていることが多いからです。そしてお腹の冷えは腸にダメージを与えるのです。

冷えによる悪影響は腸のダメージだけではありません。自律神経の乱れ、不眠や気分の落ち込みを誘発する可能性もありますし、女性の場合は生理不順になることもあります。

このように「夏の冷え」の影響は想像以上に深刻なのです。軽く考えずに真剣に対策を講じましょう。

 

VS. 昼の冷房

「涼しくて気持ちいい♪」などと言っている場合じゃないんです!

 

冷房の効いた室内で薄着のまま過ごすのはNG。肌寒さを感じたらカーディガンやストールなどを羽織るようにしましょう。長時間過ごす場合は、ひざ掛けや靴下、レッグウォーマーなども活用してください。

たとえ薄着でも肌着を1枚着ているだけで体の冷え方には雲泥の差が。内臓を冷やさないためには、腹巻きもオススメです。

また、冷房の効いた室内では必要以上に水分を摂る必要はありません。摂るなら温かい飲み物を選びましょう。

手足が冷たくなっているのは体が冷えているサイン。自分で温度設定できる場合は設定温度を上げてください。28度が最適温度などと言われますが、環境によっても、また人によっても温度の感じ方はさまざま。数字にとらわれずに、自分にとって心地よい温度に設定しましょう。

 

VS. 夜の冷房

「夏なのに長ズボン!?」なんて驚かないでください。

 

冷房をつけたまま寝るのは体によくない、と思い込んでいる人も多いですが、寝苦しい夜に無理して暑さと闘えば、質の良い睡眠が取れずに疲労が蓄積するので、むしろ逆効果。冷房とは上手に付き合うことが大切です。

冷房が原因で冷えすぎてしまうのを避けるには、温かい格好をして寝ること。長袖・長ズボンのパジャマを着用し、春秋用の蒲団を掛けましょう。こうすれば快適に寝られて、体も冷えません。腹巻きをすれば、内臓の冷えも防げますね。

薄着で寝るほうが快適という人は、冷房を緩めにして、扇風機と併用すると良いでしょう。風の流れがあれば、室温の割に涼しく感じられるはずです。

なお、顔が冷えると、顔面神経麻痺のきっかけになる危険性がありますので、冷房や扇風機の風が顔に直接当たらないように注意してください。

 

VS. 夏の食べ物・飲み物

「温かいもの」で「冷えて」しまうこともあるんです!

 

夏に恋しくなる冷たい食べ物や飲み物も「冷え」の大敵。ただ、冷えるかどうかは食べ物や飲み物の温度も関係しますが、何よりその「成分」で決まります。つまり選び方が大切なのです。

例えば、発酵系のお茶は体を温めるので、アイスティーやアイスウーロン茶はOK。カカオにも体を温める成分が入っているので、アイスクリームを食べるならチョコレート味のものが◎。生姜も体を温めますので、ジンジャーエールはオススメ。利尿作用のある小豆も夏バテに効果的な食材なので、かき氷を食べるなら小豆をトッピングして。また、アミノ酸がたっぷり含まれている味噌汁は冷やして飲んでも体を温めてくれます。

コーヒーはホットでも体を冷やすので、飲む場合は「温め食材」のシナモンを振りかけるようにしましょう。牛乳、麦茶、ビールは体を冷やすのでほどほどに。

 

VS. 夏野菜

「え!? トマトで体が冷えるの? じゃあ食べられないじゃない」――大丈夫です!

 

ナスやトマト、キュウリなどの夏野菜には体を冷やす成分が含まれています。冷房が普及していなかった時代にはそれが夏の体調管理に役立っていましたが、今はむしろ、夏野菜で体を冷やさない工夫の方が大事です。

体を冷やす食品は漢方では「陰性食品」と呼ばれていますが、それを「陽性」に変えることが最大のポイント。具体的には「熱を加えて水分を減らす」「塩、味噌、醤油などの陽性食品を加える」ことです。

例えば、トマトを食べるなら熱を加えてラタトゥイユにする、ナスを食べるなら焼きナスにする、キュウリを食べるなら味噌をつける、ということで十分。またスイカも陰性食品なので食べるときは、塩をふりかけましょう。ただし、塩は食塩ではなくカリウムやマグネシウムが多い、昔ながらの作り方のものを選びましょう。

 

VS. 暑さ

暑くても汗がかけないあなた! じつはピンチなんですよ!

 

「冷え性なのに暑がり」という人は、むやみに体を冷やしがちで、冷えをさらに重症化させています。こういう人はほとんどの場合、代謝が落ちていて、汗がうまくかけていません。そこで必要になるのが、汗腺の働きを活発化させて暑さに備える「暑熱順化」のトレーニング。本格的な暑さが到来する前に、汗をかくような運動や入浴を繰り返し行なっておけば、必要なときに必要な汗をかける体を手に入れることができるのです。

私がオススメしているのは、生姜紅茶を飲んだあとに30回程度のスクワットをしてから、そのまま入浴すること。さらに、「3分入浴して3分休む」を3回繰り返す「3・3・3入浴法」を実践するとたっぷりの汗をかくことができます。スクワットで筋肉がつけば、自分で熱を作り出せるようにもなり、いいことづくし。冷え体質を根本から治すことができますよ。

 


 

「PHPからだスマイル(PHPくらしラク~る増刊)」 8月号より

 

表紙

 

本記事は、「PHPからだスマイル(PHPくらしラク~る増刊)」8月号特集「人の命は腸で決まる!」より、一部を抜粋編集したものです。

 

【著者紹介】

石原新菜(いしはら・にいな)

医師・イシハラクリニック副院長。父、石原結實氏の経営するクリニックで漢方薬処方を中心とする診療を行なうかたわら、テレビ・ラジオへの出演や、執筆、講演活動なども積極的に行なう。著書に『「体を温める漢方」で不調を治す』(PHP研究所)など。