あなたは何が好きですか? 今、何がしたいですか? やりたいことが見つかる質問を、自分自身に投げかけてみてください。

 

shinrigaku.jpg

 

生きるスピードをゆるめよう

 

心が迷子になっていませんか?
がんばっている人も、人生をかけぬけてきた人も、流行に敏感な人も、ついSNSを開いちゃう人も、いつも誰かのために心を寄せている人も、自分に厳しく生きている人も、幸せに一生懸命な人も、夢に生きている人も、将来が少し不安な人も、ちょっと落ち込んでいる人も、みんな、ちょっと立ち止まって、深呼吸をして、自分の心を感じてみてください。
今、どんな気持ちがしているでしょうか? 本当に、心から望んでいる毎日を過ごせているでしょうか? 自分の気持ちを粗末に扱っていないでしょうか? 本音を押し殺して、自分をごまかしていないでしょうか? ノートを広げて、次の3つの質問の答えを書き出してください。答えは、どんな内容でもOK! 答えが出なくてもOK! リラックスして楽しんでくださいね。

 

質問1:自分の好きなところは?

 

人は、他人に憧れます。背の高い人は小柄な人に、小柄な人は背の高い人に憧れるように、人はないものねだりをします。
しかし、サクラがヒマワリにはなれないように、あなたは、あなたでしかいられません。あなたはかけがえのない素敵な人なのだから、ほかの誰かになろうとするのではなく、最高のあなたになっていけばいい。「どちらが黄色か」ではサクラはヒマワリには勝てませんが、「どちらが桜色か」ではサクラの圧勝なのですから。

 

質問2:ワクワクする決断は何だろう?

 

人生では、どちらの道を選ぶかという大きな決断を迫られることもあります。たくさん頭を悩ませ、人に相談したりもするでしょう。
しかし、どれだけ考えても未来は絶対にわからないのだから、「どちらの道が正解か」を思案するよりも、「ワクワクする道」を選んで、その道が正しくなるように生きていけばいいのです。道から外れることを恐れる気持ちがあるかもしれませんが、道を外れても、外れたところに、新しい道ができるだけです。しかも、もっと素敵な道が!

 

質問3:大切にしたいことは何だろう?

 

あなたが生きていくうえで大切にしたいことは何でしょう? 
たとえば「人に優しくする」など、どんなことでもいいので10個ほどあげてみましょう。大切にしたいことがあると、人はブレずに生きていけます。道に迷うときも、不安なときも、何かを決めるときも、もちろん、毎日の生活でも、その10個を自分の基準として生きていけばいいのです。そして、「優しい人になりたい」と願っているだけでなく「今、優しくする」ことが大切です。それでもう「優しい人」になれます。

 

【著者紹介】

河田真誠(かわだ しんせい)
質問家。生き方や考え方、働き方などの悩みや問題を、質問を通して解決に導く「しつもんの専門家」。企業での研修、学校での授業、一般向けの講演を行なう。主な著書に『人生、このままでいいの?』(CCCメディアハウス)、『私らしく わがままに 本当の幸せと出逢う 100の質問』(A-Works)などがある。

セミナーのお知らせ

人の目を気にせず「自分らしく」生きる練習
2020年1月19日(日)13:00~15:00
場所:PHP研究所・京都本部 7Fホール

▼お申し込みはこちらから▼kawadashinsei.jpg


 

「PHPスペシャル」1月号より

 

PScover2001.jpg

 

本記事は、「PHPスペシャル」2020年1月号特集より、抜粋編集したものです(構成:編集部)