開運風水の基本は、生活環境をスッキリと整えること。1日1分の「モノ減らし」で、あなたの金運はうなぎのぼりに♪

 

kaban.jpg

 

貯めたければ、捨てましょう

モノであふれた家が物語ること。それは、形ある物質への執着です。そのような人はモノから意識が離れないため、また別のモノが欲しくなります。そうなると増えるのはモノだけで、お金は一向に貯まらないという悪循環に……。
モノに執着する人はモノを捨てられないので、モノと一緒にため込まれた凶を減らすこともできません。だから運気が停滞し、金運も上がらないのです。
金運を上げたいのなら、不要なモノを手放すこと。まずはそのアクションが必要です。

「モノ減らし」は、“捨てる”“片づける”のサイクルで実現!

捨てる→片づけるの順に行動すれば、モノは自然と減ります。
このとき風水を取り入れると、モノが減ったぶんだけ外からお金が入ってきます!
その状態をキープするには、日々の繰り返しが大切です。

(1)捨てる
不要なモノには、凶がため込まれています。凶をため込んだままでは、どんなに高価な財神の置き物を飾ったとしても、吉神が宿ることはありません。モノへの執着を断ち切るためにも、不要なモノは潔く捨てましょう! モノを減らせば、片づけはぐっと楽になります。

(2)片づける
ごちゃごちゃした部屋は「気」が滞り、気持ちも沈んでしまいます。でも、家が片づくと気持ちはスッキリ。気持ちが整理されると過去がリセットされ、運も開きます。「気」の通りも良くなることで、お金の神様もやってきます。片づけで不要なモノを見つければ、捨てる作業もさらにはかどります!

金運アップのために「捨てるモノ」

不運を招く「要らないモノ」は、部屋別アドバイスを参考にして、今すぐ捨てましょう!

何を捨てる? 何を残す?
捨てるべきモノはズバリ、家にある「不要なモノ」です。それが不要かどうかは、次の基準で考えるとよいでしょう。

1.壊れているモノ
2.使用期限が過ぎているモノ
3.来歴のわからない骨董品など、風水的に見て悪いモノ
4.嫌な思い出があるモノ
5.色あせた飾りモノ


反対に「毎日、あるいはときどき使うモノ」「ないと困るモノ」「幸せな思い出があるモノ」「好きなモノ」「良い気が感じられるモノ」は、あなたにとって有益な残すべきモノたちです。

玄関
金運に大きく関わる場所のひとつ。余計なモノは排除して、いい気を呼び込みましょう。
[捨てるモノ]
3年以上一度も履いていなかったり、傷んで履けなくなった靴、擦り切れたサンダルなどはすべて処分! 必要な本数を超えたビニール傘もバッサリ捨ててください。古くなってホコリをかぶった置き物なども運気を下げます。

キッチン
特に注意すべきは冷蔵庫の中。短期の金運に直結するので、まめにチェックを!
[捨てるモノ]
冷蔵庫の中にある、古くなった魚や肉、傷んだ牛乳、食べ残しはもちろん、いつの間にか賞味期限が切れていた飲み物や調味料などもすぐに捨ててください。冷凍庫に入れたままの古い食材の残りも処分しましょう。

リビング
落ち着きのないリビングは、散財につながります。足の踏み場もないほど散らかすのは論外!
[捨てるモノ]
雑誌や新聞を床に重ねて置くのは厳禁です。1年以上前の雑誌、1カ月以上前の新聞は、基本的には捨てましょう。また、来歴のわからない骨董品や奇怪な形の石、殺気を帯びた刀をモチーフにしたモノも思い切って処分を。

個室・寝室
金運を左右するのは意外にもドレッサー。ここが散らかっていると金銭感覚が乱れます。
[捨てるモノ]
ドレッサーの引き出しやコスメボックスの中にある、古い化粧水やクリーム、趣味や年齢に合わなくなった化粧品、使わない試供品はすべて処分しましょう。いつもスッキリ整理整頓を心がければ、お金の管理能力がアップします!

バス・洗面所・トイレ
財運だけでなく、健康運にも密接な関係が。「常に清潔に」を心がけましょう。
[捨てるモノ]
1年以上使っていないシャンプー、ボディソープ、効果のなくなった消臭剤などは即処分を。また、汚れたタオルを使い続けるのも運気にはNGです。汚れたままの掃除道具も運気を低下させるので、定期的に取り替えましょう。

お金が増える「片づけ方」

モノの置き場を変えれば、運気の流れも変わるもの。片づけで部屋とお金の流れを整えましょう!

“気”の流れを妨げない場所に置く
「片づいた」とは、整理整頓が行き届いている状態をいいます。基準は次のとおりです。

1.モノがあるべき場所に収まっている
2.モノが気の流れを妨げない


この状態をつくるには、廊下や部屋の出入り口にモノがないか確認したり、爪切りやハサミといった散らかりやすいモノの「指定席」を決めるのが大切。
それでも片づかない人は、もっとモノを捨てないといけません。捨てれば収納場所も増え、モノの置き場も自然と見えてきます。

玄関は広いスペースを確保
玄関にたくさんのモノが置かれていると、気の通りが悪くなり、金運も入ってきません。宅配便の段ボールやゴルフバッグなどを置いたままにするのは×。また、靴はできるだけ下駄箱に入れ、外に出す靴は必要最小限に抑えましょう。たとえ一時的だとしても翌日に出すゴミを置いたりすると、運気が下がります。

入口の対角線は常にスッキリ
部屋のドアの対角に位置する場所は、気が集まる「財気位」です。ここが散らかっていると、汚れもたまって運気が低迷します。リビングならソファを、寝室ならベッドを置くと金運がアップ。観葉植物を置いたり水槽を置いて金魚を飼ったりするとGOOD。ただし、ベッドの下にモノを押し込むのは×です。

金庫はクローゼットに
2年以上袖を通していない不要な服を処分し、キチンと整理整頓すれば、クローゼットの中には余裕が生まれるはず。もし、金庫を持っているなら、ぜひクローゼットの中に。静かで涼しいクローゼットの中は、お金の管理に最適。余計な出費を抑える効果があります。金庫がない場合も、現金や通帳はクローゼットの引き出しの中が◎。

大切なモノは目線より上に
恩人からのプレゼント、見ると元気や勇気がでる思い出のモノなどは、常に近くに置きたいものです。しかし、何も考えずに飾ると、インテリアに埋もれてしまうことも。大切なモノは、目線より少し上に置くとGOOD。見上げる習慣がつくと出世運が上昇し、お金を引き寄せる力も自然と上がるからです。

開運グッズは整理整頓のあとに
金運アップのカギは、玄関、リビング、トイレの整理整頓。開運グッズを置くなら、片づけてからにしましょう。開運につながる色は、明るい雰囲気を醸し出す、アイボリー、クリーム、オレンジ、黄、ゴールドが◎。素材は陶器など「土」に関わるものがおすすめです。古銭、山水画、バナナも運を呼び込みます。
 


 

PHPくらしラク~る」 3月号より

 

KRcover2003.jpg

本記事は、「くらしラク~る」2020年3月特集【貯めてる人の 1分 捨て習慣】より、一部を抜粋編集したものです。

【著者紹介】
林 秀靜(りん しゅうせい)
命理学研究家。風水学、八字、紫微斗数などを台湾で習得。現在は執筆や鑑定、TVなどで活躍。http://www.lin-sunlight-fengshui.com/