娘は今小学2年生なのですが、最近とても口が悪くなり、何かあったのかと気になっていました。

 

すると先日担任の先生から、真面目に授業を受けていなかったり、ある特定の先生をからかったりしているという報告を受けました。どうやら、仲よくしている友だちの影響を受けているようなのです。

 

実は、娘は一度ある友だちと仲よくなると、必要以上にべったりくっついてしまう傾向があります。そのせいか相手が真面目な子かそうでないかで、態度も大きく違ってきます。毎日のように一緒にいる友だちとの仲を、私が無理に引き離すのもかわいそうだとも思うのですが、見過ごすわけにもいきません。どのように娘に注意すべきか悩んでいます。
 

(東京都・主婦・39歳)

 

 

 

愛子先生からのアドバイス

 

自分で善悪が判断できるよう、対話で考える力をつけましょう


お友だちの影響を受けやすく、善悪の判断もお友だちと同じになってしまうのですね? お手紙にもあるように、お友だちと引き離すのはよいことではありません。子どもが大事にしているものを大事にするのは親の愛情です。それよりもまず、あなたに考えていただきたいのは、「なぜお嬢さんがそうなのか?」ということです。

 

これはいいこと、これは悪いこととお嬢さんは自分で決めることができないようです。それはお母さまである、あなたがこれまでお嬢さんのすべてを決めてきたからではないでしょうか。日頃、何でもかんでもお嬢さんのことを先にあなたが解決していませんか? お嬢さんの気持ちを聞く前に「あれをしなさい」「これをしなさい」と指示・命令したりコントロールしていませんか?


1日でも早くお友だちに依存したり言いなりになったりせず、自信をもって自分で判断できる自立心を育てましょう。 
 

◎「自分の気持ちで行動できたら素晴らしいと思うけれど、どう?」


それには話し合って、お嬢さんの気持ちをしっかりみりながら、「人に頼るのではなく自分で考えることが大切だよ」と教えることです。悪いことをしたときは「お友だちのことが大好きなんだね。でも○○ちゃんは、それがいいことだと思ったの?」と、お嬢さんの気持ちや行動を言葉でなぞってください。そうすると子どもの心が整理されていきますから気持ちが安定し、自分が何をしなければいけないかという「考える力」が芽生えてきます。


十分に子どもの気持ちを聞いたら、今度は「お母さんは、あなたがお友だちと一緒になって先生をからかったりすると悲しいわ。あなたが自分で考えて行動するならいいけれども、ただお友だちに合わせて動くのは、あなたの存在がなくなってしまってもったいないと思う。自分の気持ちで行動できたらとても嬉しいし、もっと楽しいと思うけれど、どう?」とI(私)メッセージで伝えましょう。安心して自分で考えられる子に育っていくよう、お嬢さんの気持ちを聞きながら〝私の気持ちを伝える対話"を、ぜひ大切にしてください。
 

 

高橋愛子(たかはし あいこ)

家庭教育研究所代表

1938年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。3男1女の母親。カウンセラー、セラピスト、ファミリー・コンサルタントとして、企業や学校などで研 修を行なう。2009年より全国の親子支援者と「安心親子応援団」を結成。著書に『頭がいい親の上手な叱り方』(コスモトゥーワン)など多数。

☆高橋愛子家庭教育研究所  http://www.aiko-katei.com/

 


 

  

のびのび2月号.jpg

 

『PHPのびのび子育て』は未来を担う子どもたちの健全な成長と幸せを願って、発刊している月刊誌です。