あなたが何気なくかけている言葉に、子どもは大きく影響されています。そのひと言が子どもの性格をつくっていくのです。「PHPのびのび子育て」6月号に収録の竹内エリカ先生の特集記事からご紹介します。
 
homework.jpg
 
私は、これまで約9千名の親子と接してきた中で、親の言葉、特にお母さんの言葉が、子どもの性格や成長に大きく影響することを実感しています。
 
心理学で「ピグマリオン効果」と呼ばれるものがあるのですが、これは、人は期待されるほど意欲がわいて成果を出すということ。子どもも「あなたならできるわ」と声をかけ続けられると能力が伸び、「ダメな子ね」と言われ続けると能力が落ちるということが、実験からあきらかになっています。
 
子どもの成長において絶対的に必要なのは自己肯定感です。あなたの言葉は、子どもにとって心の栄養であり、また自己肯定感の元となるもの。つまり、子どもがどう育つかは、親の言葉がけ次第と言っても過言ではありません。
 
毎日の生活の中で、子どもを励ますような前向きな言葉、愛情のこもった言葉を、たくさんかけていくことが大事です。
 
 

あなたの“口ぐせ”はこうしてつくられる!

「早く!」「ダメ!」「まったく、もう……」――お母さんの“口ぐせ”をつくる要因は、大きく2つあります。

 

◎お母さんの性格としつけスタイル◎

 

口ぐせは、お母さんの性格のほか、しつけスタイルによってもつくられます。例えば、自分の理想通りに子どもを動かそうと一生懸命な人は「早く!」、教育熱心な人は「ダメ!」というふうな言葉を使いがちです。

 

 
◎子どもの年齢と発達度合い◎
 
子どもは0歳から1段ずつ、1年かけて発達のステップを上っていきますが、次のステップに上る際、それまでとは違った反応や態度を取るように。それによってお母さんの“口ぐせ”も変化します。
 
【3歳】自立心が芽生える
何でも「自分がやる!」と言い出して、時間も手間もかかるように。
<親が言いがちなNG言葉>「早く!」「ママがやるから!」
 
【4歳】わがままが出始める
自意識を持ち始め、自分の欲求を通そうとして駄々をこねることも。
<親が言いがちなNG言葉>「ダメ!」「~しなさい」
 
【5歳】思いやりの心が生まれる
人の気持ちを理解する能力が発達して、周りのことを考えられるように。
<親が言いがちなNG言葉>「他の子はできてるのに……」
 
【6歳】自信が育まれる
手があまりかからなくなり、子どもの個性がはっきりしてくる。
<親が言いがちなNG言葉>「まったく、あなたったら」
 
 
 

 
【執筆者紹介】
竹内エリカ (たけうち えりか)
日本キッズコーチング協会理事長
幼児教育者。淑徳短期大学非常勤講師。お茶の水女子大学大学院人文科学研究科修士課程修了。20年にわたり、子どもの心理、教育、育成について研究。2児の母。『明るい子どもが育つ 0歳から6歳までの魔法の言葉』(中経出版)他著書多数。
 
取材・文:鈴木裕子
 
 

 
nobinobi1406.jpg
『PHPのびのび子育て』は未来を担う子どもたちの健全な成長と幸せを願って、発刊している月刊誌です。2014年6月号の特集は「子どもを伸ばす口ぐせ、キズつける口ぐせ」です。
 
 
◎◎年間購読のご案内◎◎
「子どもをつれて買い物に行くのは大変…」「ついつい、買い忘れてしまう」 そんなあなたにおすすめしたいのが、年間購読。毎月ご自宅へお届けします。送料無料。お手続きはこちらからどうぞ。