将棋の藤井聡太棋士が、その教育法を取り入れた幼稚園に通っていたことで、最近あらためて注目が集まっているモンテッソーリ教育。この教育方法では、ガマンできない子がいたら、まずその原因を探します。

 

 

近代イタリア初の女性医学博士であり、すぐれた教育者でもあったマリア・モンテッソーリ(1870~1952)が提唱し、実践した教育法。それがモンテッソーリ教育です。

彼女は、「適切な環境と、ちょっとした手助けさえあれば、子どもは自ら成長する」ということを発見しました。この気づきをもとに考案されたモンテッソーリ教育では、子どもたちそれぞれにふさわしい活動の環境を整え、その中で子どもたちが自発的に活動していけることを大切にしています。

 

子どもの自由を保障する

 

子どもは生まれながらにして、生きる力、自ら育つ力をもっています。そうした子どもの生命衝動、成長要求をくみ取り、見守り、ときに助けるのが大人の役目です。

特に親は、子どもを、自分が考える「いい子」に育てようとしてしまいがちですが、モンテッソーリ教育では、大人はあくまでも子どものサポート役です。子どもが今、何に興味をもっているのか、成長のどの段階にいるのかを見守って、子どもの「こうしたい!」という気持ちを何よりも優先し、大人の都合は後回しにします。

ですから、もし何かをガマンできない子どもがいたら、頭ごなしにガマンをさせるのではなく、まず、ガマンできない原因を探し出し、排除するようにします。

0~6歳は、子どもの成長にとって、一番大事な時期です。

3歳までは、まわりの大人たちがすることを何でもマネして、やってみたいと思う時期ですが、まだ上手にできません。でも、成長するにつれて自分の体をしっかり使えるようになります。

3歳になったあたりから「これをやりたい」という強い気持ちがわき、自分の意思をはっきりと示すようになります。この時期、やりたいことを自由にやらせてあげると、子どもは大人がびっくりするような能力を見せてくれるでしょう。そうやって子どもは自ら生きる力をはぐくみ、ちゃんと育っていくのです。

ですから、親としては「子どもをどう育てるか」を考える前に、まずは子どもの自由を保障して、自発的な活動をサポートすることが何よりも大切です。子どもが、自立と協調性、社会性の心を育てていけるような環境づくり、親自身のあり方を考えたいものです。

 

モンテッソーリ教育では子どもがこんなとき、こうやって関わります!

 

親が子どもを自分の理想通りに育てようとするとうまくいかず、イライラが募るばかりでしょう。子どもは子どもで、親の顔色をうかがうようになってしまい、せっかくもっているすばらしい能力を伸ばすことができません。

親にとって「困ること」は、必ずしも子どもの「困った」ではなく、むしろ成長の過程で必要なことであったりします。親には、そこを見極める力が求められますが、なかなか難しいものです。

ここでは、主に3~6歳前後の子どもに見られる、よくある「困った」にどう対応すればいいか、モンテッソーリ教育の考え方に基づいて、その方法をお伝えします。

 

・ハサミなどの道具が使えない!

同じ歳か、少し歳上の子が上手に使っている姿を見せてあげるのが効果的です。そうしたら次に、お父さんやお母さんが安全な使い方を教えながら、一緒にやってみましょう。うまくいかなくても「いつになったらできるの!」ではなく、「こうしてみたら?」などと根気よくつきあってください。

うまくできたら「上手に○○が使えるようになったね」と言ってあげましょう。モンテッソーリ教育では、むやみに子どもをほめませんが、何かを達成できたときは、「何がすばらしいのか」を子どもがわかるように伝えます。

 

・待つことができない!

子どもの表情と、周囲の状況をよく観察してください。もしかしたら、待てない理由が何かあるのかもしれません。

たとえば、お母さんが食事のしたくをしているときに子どもがまとわりついて離れないなら、お母さんのマネをしたいのかもしれませんし、料理に興味があるのかもしれません。その場合は、お手伝いをしてもらいましょう。

お父さん、お母さんも忙しくて、つい「待ちなさい!」「あっちへ行っていなさい!」と叱ってしまいがちですが、子どもが待てない理由がわかるまで、むしろ親のほうが待ってあげることが大切です。

 

・おしゃべりが苦手!

3~6歳の子どもは話したくてしかたがないものです。話さない、うまく言葉が発せないというときは、まず耳や口などの機能にトラブルが起きていないか、医師の診断を受けましょう。そうではない場合は、話したくても話せない理由があるのかもしれません。親がふだんから「うるさい」「子どもは黙ってなさい」などと言っていませんか? そうすると、子どもは「話しちゃいけないんだ」と思うようになります。

本当に「黙っていてほしい」と思う場合は、それが子どものためなのか親の都合なのかを考えて、後者だったら親がガマン。子どもの話に耳を傾けましょう。

 

・お絵描きなどに興味がない

お絵描きや砂場遊びなど、創造力を育む遊びに興味を示さないと心配ですね。でも今は、お絵描きや砂場遊びなどよりも好きなこと、興味をひかれることがあるのかもしれません。

モンテッソーリ教育では、「みんなと同じこと」よりも「違うことをやりたい」「自分はこれをしたい」という子どもの気持ちを大切にします。無理にお絵描きをさせなくても大丈夫。ある時期から急に「お絵描きしたい」と言い出す子もたくさんいます。子どもが他の何に興味があるのか、何をしたいのかを観察して、「今したいこと」をさせてあげましょう。

 

・稽古ごとなどが長続きしない

~6歳ぐらいになると、子どもは自分のしたいことを主張し始め、お稽古ごとをやりたいと言い出すようにもなるでしょう。でも、いざ始めてみると「もう行きたくない」。これはよくあることです。その場合、「どうして?」と聞いても、子どもはその理由をうまく説明できないかもしれません。ですから、子どもの様子をよく観察して理由を探ります。そして「次はお母さんも一緒にやってみようか」と誘ってみる。それでも行きたがらなければ、それは立派な意思表示。無理強いせず「また行きたい」と言い出すまで待ちましょう。

 

心が満たされると協調性や社会性が育まれる

 

モンテッソーリ教育では、子どもの「やりたい」「やりたくない」のどちらの意思も尊重します。自分の意見をもち、はっきりと主張できることをよしとするからです。

子どもの好きにさせる、無理をさせない、と言うと「わがままな子になってしまうのではないか」と心配になるかもしれませんが、結果は真逆です。

子どもは自分の好きなことを自ら選択し、それに集中するという育ち方をすると、心が満たされているので、他人と自分を比べて劣等感や優越感を抱くことがありません。こうして自分の「個」がしっかりできると、5〜6歳ぐらいから「みんなと力を合わせる」「困った子がいたら助ける」といった協調性や社会性がはぐくまれます。つまり、「わがまま」どころか、まわりとの人間関係を上手に築ける子どもになるのです。

 

 


 

「PHPのびのび子育て」 8月号より

 

img_disp_pub.jpg

 

本記事は、「PHPのびのび子育て」2018年8月号特集【ちゃんと「ガマン」できる子に】より、一部を抜粋編集したものです。

 

【著者紹介】

松本静子

東京国際モンテッソーリ教師トレーニングセンター所長。

1970年、イタリアに渡りモンテッソーリ教育を学ぶ。'75年、アメリカ・ロサンゼルスのモンテッソーリセンターにて教師養成者インターン修了。日本初の国際モンテッソーリ教師トレーナーとして認可を受ける。同年、東京国際モンテッソーリ教師トレーニングセンターを設立し、現在に至る。