4歳の娘はとても物分かりがよくいい子で、私のお手伝いもよくしてくれます。感情表現も豊かで子どもらしい性格ではあるのですが、兄との関係で気になることがあります。

 

6歳の息子は障がいがあるため、自分でできることに限りがあり、私がサポートしなければいけないことも多々あります。うまく自分の感情を表わすことができず、妹に対して急にたたいたりけったりしてしまうことがあります。しかし、娘はそれに文句を言わず、泣くこともなく、グッと耐えているのです。


こんな時、大声で泣きわめく子も多いと思うのですが、手のかかる兄に追われる家族を見て、幼いながらに自分の感情を抑えているのではないかと心配です。娘に対して気をつけるべきことはどのようなことでしょうか。

 

 (佐賀県・主婦・35歳)

 

 

愛子先生からのアドバイス

――がまんや悲しい気持ちを抱きしめて発散させましょう

 
ご家族の状況をよくわかっていて、いろいろなことをがまんしているお嬢さんは本当にいい子だと思います。お母さんを幸せにしてあげたいという思いも、とても強くもっているのでしょうね。でも感情を抑えるのは、そのときはいいように見えても、いつか抑えきれなくなるときがきます。今気をつけるべきことは、心配するよりも、お嬢さんをうんと甘えさせ、温めることですよ。「あなたが一所懸命やってくれるから、お兄ちゃんがここまでこられているのよ」と言葉をかけ、「本当にありがとう」と感謝しましょう。

 

◎「お母さんに気持ちをぶつけていいのよ」 
 

お兄ちゃんが妹に対して叩いたり蹴ったりしたときは、その都度、抱きしめて感情を発散させてやってください。「よく耐えたね」「お母さんに気持ちをぶつけていいのよ」と存分に甘えさせましょう。「私も大切にされている」「愛されている」と安心できれば、お兄ちゃんに対しても、今以上にいろいろなサポートをしてくれると思いますよ。

 

*        *        *

 

高橋愛子(たかはし あいこ)

家庭教育研究所代表

1938年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。3男1女の母親。カウンセラー、セラピスト、ファミリー・コンサルタントとして、企業や学校などで研 修を行なう。2009年より全国の親子支援者と「安心親子応援団」を結成。著書に『頭がいい親の上手な叱り方』(コスモトゥーワン)など多数。

☆高橋愛子家庭教育研究所  http://www.aiko-katei.com/

 


 

  

nobinobi8.jpg

『PHPのびのび子育て』は未来を担う子どもたちの健全な成長と幸せを願って、発刊している月刊誌です。