3歳の娘、8ヶ月の息子を持つ主婦です。娘のことで悩んでいます。他の赤ちゃんには優しいのに、なぜか自分の弟には意地悪をします。

 

息子はお姉ちゃんの事が大好きで、ニコニコしながら近寄るのですが、手を足で踏まれたり、顔や頭を何度も思いっきりぶたれたり、ちょっとでもおもちゃに触ろうとするだけで「だめ!」と大声で叫ばれています。


その都度、娘の手を握り目を見て「やってはいけない」と言い聞かせ、娘も「わかった、もうしない」というのですが、その言葉はすぐに崩されてしまいます。
 

何度もつづくとさすがにイライラしてしまい、娘がやったように「こうされたら、痛いでしょう?」と私がやってみせ、「今度やったら、絶対に抱っこしないからね」などと言ってしまい、結局、娘は大泣き。
 

こんな日々の繰り返しです。実家がすぐ近くなので、下の子を預けて娘と2人きりで買い物、食事に行ったりして、弟とばかりいない事をアピールしているのですが、それも兄弟の絆が深くならない原因なのでしょうか?
 

何か良い方法があったら、教えていただきたいのですが。
 

(38歳、女性、主婦)

 

◎孝子先生からのアドバイス◎ 

これは、完全なる下のお子さんに対しての嫉妬ですね。お姉ちゃんは、お母さんのことが大大好きなのです。ですから、弟さんは、ライバルなのです。でも、お母さんは、イライラしていて、お姉ちゃんを叱ってしまいます。その度にお姉ちゃんは、「あ~ぁ、私のことはやっぱり嫌いなのかなあ。」という悲しい思いが積み重なっていくのです。そんな中、「今度やったら、絶対に抱っこしないからね」などと言われてしまったら、もうどん底です。


でも、お母さんがイライラされる気持ちもよくわかりますよ。本当に…。毎日毎日の中で、そういう場面ばかりだったら、いい加減、疲れてしまうでしょう。「私だって、おねえちゃんとこんなに二人の時間を持つことを考えているのに~」なんて、思うこともあるのでしょうね。
兄弟の子育てで、今が一番大変な時期です。一つ一つに目くじらを立てて、叱るよりも、危険性がないかぎりは、少しは見守るくらいのゆとりも必要かもしれません。
 

いじめてばかりで、これでは兄弟の絆も深まらないと思うかもしれませんが、大丈夫ですよ。いじめることもあるけれど、弟をかわいがる気持ちも絶対に持っているはずです。どんなにいじめられても、お姉ちゃんに寄って来る弟のことをもう少したって、気持ちがコントロールできるようになれば、きっと、かわいいと思うはず。お姉ちゃんを信じましょう。そして、お姉ちゃんの良いところ捜しをして、たくさん認めてあげてくださいね。
 

お姉ちゃんは、お母さんの愛を欲しがっていますよ…。

 

 

★     ★     ★

 

 

斉藤孝子 さいとう たかこ

1963年生まれ。シングルエイジ教育研究会 主任研究員。1990年から1992年の2年間、衛星チャンネルで公開授業を放映。各種雑誌での執筆の傍ら、幼稚園などの研修や教材開発を手がける。かぞくの雑誌「きらら」、シングルエイジ教育誌に連載。「幼児は表現の天才」(アドア出版)「母と子と先生と」(創教出版)「生き方の原理原則を教える道徳教育」(明治図書)などにも執筆。2児の母