多くの人から好かれる「かわいい子」に育てるための秘訣、それは、「無条件にかわいがること」です。その具体的な方法をご紹介します。

 

 

身体を使う

 

子どもは大人からスキンシップをしてもらうことで、安心できます。安心すると心が安定してきます。その安定が当たり前のことになれば、グズったりゴネたりと、大人が子育てのなかで大変さを感じる場面は最初から少なくなります。

そうすれば大人のほうも心に余裕が持てるので、よりあたたかく接することができ、好循環になります。

子どもは自分からも大人に相手をしてもらいに来たり、抱っこしてもらおうとしますが、どうせなら大人のほうから進んでしてあげると、より一層子どもに安心感を与えることができます。

どんなときでもしてあげていいのですが、する場面を習慣づけておくといいでしょう。

例えば、お昼寝や夜の寝る前に、毎日「おやすみ」と抱きしめてあげたり、「大好きだよ」とおでこにキスしてあげたり。ごはんを食べた後に、「おなかいっぱいだね」とおなかをなでてあげたり。保育園にお迎えに行ったら「会いたかったよ」と抱きしめてあげたり。

 

このようなことを習慣にしていると、子どもはその場面を「いいもの」と考えるようになります。すると、その場面へのモチベーションがとても高く維持されていきます。

「寝たくない」「眠くない」とゴネることもなくなったり、減ったりすることでしょう。苦手な食べ物があったとしても、食事に対する高いモチベーションがだんだんとその苦手を乗り越えられるようにしてくれます。

「食べなさい、食べなさい」と大人が「できること」を頑張らせなくても、子どもは自分の力で育っていけるのです。

とは言いましたが、「嫌いなものを克服できるように」と思ってしてはよくありません。そういう作為的な意図をもってする関わりは、あまりいいものにならないからです。

なんの意図もなく、ただかわいがるためにやってみてください。「できること」は、やらせるのではなく、あとから自然についてくるものなのです。

 

言葉を使う

 

言葉は使っているようで使っていません。

日本人はかわいがることにとてもシャイです。我が子をかわいがるのはなにも遠慮することではないのですが、ついつい恥ずかしがってしまいます。

 

「あなたのこと大好きですよ」

「私の宝物だよ」

「笑っているとかわいいよ」

 

など、かわいがる言葉、気持ちを伝える言葉を恥ずかしがらずに言ってあげましょう。

 

これまで「言葉にせずとも親の思いは伝わる」というのが、多くの日本人のスタンスでしたが、言葉として口に出せばもっと伝わるのです。

現代は、親子で過ごす時間、ゆったりと関われる機会が昔よりも減っています。使えるものはなんだって使ったほうがいいですよね。

思いは、口に出したらかたちになります。

かたちになったものは疑う必要がありません。どんなお父さんお母さんも、せっかく子どものことを大事に思っているのですから、その思いをかたちにしてあげましょう。

そのかたちは、欲しがるモノを買ってあげることよりも、ずっと子どもにとってうれしいものとなりますよ。

感情を表すことが苦手だからと、モノを与えることで伝えようとしていたのは、かつての子育てのよくない習慣だと僕は思います。

 

たっぷりする

 

かわいがることに「しすぎ」ということはありません。

「やりすぎたら甘やかしかしら?」などと考えずに、たくさんしてあげていいのです。たっぷりと大人から好意を向けてもらった子どもは、安心感を持って日々を過ごすことができます。

そういう子は現状に不満がないので、前に進むことにもモチベーションが高いのです。前に進むこととは、つまり成長することです。

反対に、親から向けてもらう好意を十分に自覚できない子は、満たされず、欠乏感が続きます。そのため、親に目を向けてもらうための行動をたくさん出してきます。その出し方は多くの場合、ゴネたりダダをこねたりなど、大人を困らせるネガティブな行動となってしまうのです。

この状態では、子どもは現在の不満を解消するために頑張らなければならないので、成長するほうへ力を向ける余裕がありません。特に、卒乳や排泄の自立など、心の安定や発達をベースとするものは難しくなってしまいます。

 

「自分に大人のあたたかい関心が向けられている」

「自分は親に大切にされている」

「毎日あたたかく見守られている」

「かわいがられている」

 

そういった受容的な実感を、幼少期の子どもは無意識に日々求めています。もちろん、大人のほうに心の余裕がなく、子どもの受容感を満たしきれない日もあるでしょうが、基本的にはその実感を継続して持たせてあげることが大切なのです。

 


 

【本書のご紹介】

 

保育士おとーちゃんの「心がラクになる子育て」

 

『保育士おとーちゃんの「心がラクになる子育て」』

子育ての悩みはどうすればいいの? 食事、友達関係、親子関係など様々な問題を通して、子育てで一番大事なことを教えてくれる決定版。

 

【著者紹介】

須賀義一(すが よしかず)

1974年生まれ。子育てアドバイザー。東京都江戸川区の下町に生まれ、現在は墨田区に在住。大学で哲学を専攻するも人間に関わる仕事を目指して、卒業後国家試験にて保育士資格を取得。その後、都内の公立保育園にて10年間勤務。子どもの誕生を機に退職し、子育てアドバイザーとして、子育てについての研究を重ね、執筆、講演活動、ワークショップを展開。従来の子育てを見直し、個々の子どもを尊重した関わり、子育ての仕方を提案している。家族は妻と一男一女がいる。 第一作目の『保育士おとーちゃんの「叱らなくていい子育て」』(PHP文庫)がロングセラーとなり、本作はそれに続く第二作である。