子どもの脳が成長・発達を経て大人の脳とほぼ同じになるのが10歳です。この脳の成長期は「考える脳」の土台をつくる時期。親として大切にしたいこととは、どんなことでしょう。

 

 

脳の発達変化を理解して「よい脳」を育てよう

 

子どもの脳は、3歳、7歳、10歳の3つの節目を経て、生まれたての「赤ちゃんの脳」から「学習する子どもの脳」へと変わっていきます。

0〜3歳の脳は、脳神経細胞を爆発的にどんどんと増やしていく段階です。増やした細胞数がピークに達するのが4歳。ここから7歳までは、逆に脳細胞を減らしていくようになります。これは「残しておくべき細胞」と「そうではない細胞」を選別して、必要でない細胞を間引いていくためです。選別が完了する8〜10歳は、残った神経細胞同士が結びついて神経回路を発達させていく段階です。この3段階の変化に合わせて「よい脳」になる素質を育ててやることが、子どもなりに思考力や発想力がもてる脳をつくるのです。

 

3・7・10歳 この能力を育てよう!

 

脳育てのテーマは3、7、10歳の節目ごとに変わります。ここでは「考える脳」につながる育脳ポイントを各節目でみていきましょう。

 

・0〜3歳「脳の本能を育てる」

脳細胞がどんどん増え続ける3歳までの脳は、まだ未熟で未完成です。この時期にいくら英才教育をしても「考える脳」は育ちません。大切なのは「知りたい」「自分でやりたい」「仲間でありたい」といった脳に備わっている本能を生かしながら、お母さんとの気持ちのこもった楽しい対話を通じて「こころが伝わる脳」を育んでいくことです。

 

・4〜7歳「考える力の素地をつくる」

脳細胞の選別が行なわれるこの時期は、「考える脳の基礎づくり」にあたります。親の押しつけや、指示・命令が多い、好きなことを最後までやらせないといったことが多いと、よい細胞が残らず、考える力は育ちません。よい脳をつくる秘訣は「好き」「興味をもつ」の2つを大事にすること。それによって考える脳の素地が大きく育ちます。

 

・8〜10歳「自分で考える力を伸ばす」

選別が終わり、脳細胞が情報伝達回路をどんどん進化させていく時期です。この時期の脳は、自分で考えたことをやり遂げることに一番の喜びを感じます。それをベースに自主性や思考力を伸ばしていくのが特徴です。したがって、「自分でやってやろう」という気持ちを大切にすることが、考える力を伸ばす鍵となります。

 

年齢別 「考える力」を伸ばすための心がけ

 

「こころが伝わる脳」をしっかりと育んだ3歳以降は、いよいよ「考える脳」を育てていく段階です。そのために心がけたいことを紹介します。

 

・3~6歳 ポイントはこれ!

興味の向くまま好きなことをさせる

くり返し遊びを止めない

興味の向くまま好きなことをたくさんやらせてもらってきた子は、親が「ああしなさい、こうしなさい」と言わなくても、自分で考えて決め、自主的にいろいろなことに取り組むようになっていきます。 また、同じ遊びをくり返しする子は、小さな差に気づいたり、よりよいやり方を見つけたりする思考力と判断力が備わっていきます。 子どもが興味をもって取り組んでいることは、「いつまで同じことをやってるの!」などと言わずに続けさせましょう。

 

・7~9歳 ポイントはこれ!

先回りしてうるさく指示しない

物事を中途半端で終わらせない

7歳からの脳育ては「自主性」がテーマ。自分から始めたことを成し遂げる経験、最後までやり抜いた経験からくる喜びによって、脳は大きく伸びていきます。 それには親が先回りして口うるさく指示をしたり、「まあ、いいか」「だいたい、できた」で物事を中途半端に終わらせたりする習慣をつけないことが大事です。親の先出し指示が多い、最後までやりきらないことが多いと、言われたことはできるけれど、自分で考えて動く子にはなりません。

 

・10歳以降 ポイントはこれ!

失敗や間違いは次につなげる

足し算思考で一緒に考える

10歳からは、失敗や間違いを次につなげるような導きを大切にしてください。失敗や間違いは子どもに今足りていないところを知るチャンスという発想で、「どうすれば次は大丈夫かな?」「次は何をがんばればいいのかな?」など、いわば足し算思考で子どもと一緒に考えましょう。 その習慣がついていくと、いくつになっても、現状に満足することなく「次はどうしようか」「これをもっとよくするにはどうしようか」と常に考え続けられる人になります。

 

「考える脳」を育む上手なアプローチ

 

子どもの自主性を育み、受験に強く、自ら考える脳を育てていくために大切にしたい親の関わり方を、5つにまとめました。

 

・アプローチ1:気持ちがこもった会話を、常に心がける

10歳からは、受験を体験する年代に入るため、記憶力や思考力の前に「判断力」を高めることが大切です。人間の判断は、興味をもち、気持ちのこもった会話をすることによって、判断する脳細胞の活動が強くなります。ふだんから気持ちをこめた会話を家族全員で行なっていると、子どもの判断力も自然に高まり、頭のいい子どもが育ってきます。

 

・アプローチ2:目の前の成果や効率にこだわらない

目の前の成果や効率にこだわると、「こうしなさい」「それじゃダメ」「こうするとはやい」などの先出し指示が増え、自ら考えることによって育ってくる思考機能の本質を止めることになります。また、新しい発想はくり返し考えることで生まれてくるので、「どうしたらもっとよくなる?」など、くり返し考えさせることを大事にしましょう。

 

・アプローチ3:否定語や人の悪口を言わない

脳は「好き」「できた!」などのポジティブな言葉が多いほど気持ちが緩まないので、思考力や記憶力も高くなります。反対に「できない」「ムリ」「あの人はここがダメ」などの否定語や悪口が多いと気持ちが緩み、集中力も育ってきません。 「おもしろいね」「すごいね」「あの子はここがいいね」など、家庭にポジティブな言葉を増やしていきましょう。

 

・アプローチ4:「次の目標をもたせる」を習慣にする

何事においても、「ここまでできたからいい」と満足してしまうと、そこで脳は考えることをやめてしまいます。「がんばったね。次どうしようか?」「目標を決めて全力投球で達成しよう」と言葉をかけて、「ここがまだこうだから、もっとよくなりたい」という気持ちを子どもの中に育み、その先の目標を常に目指せる子にしましょう。

 

・アプローチ5:子どもの後ろに立って後押しを

6歳までは、親が上手にリードして子どもの興味や好きなことを応援していくことが大切です。7歳以降は、子どもの前に立つのではなく、子どもの後ろに立って「お母さんの子だからできるよ」「次はこういう壁があるけどがんばろう。お母さんも一緒にがんばるよ」と、子どもがやりたいことを後押ししていくようにしてください。

 

【著者紹介】

林 成之(はやし・なりゆき)

医学博士・脳神経外科医。日本大学医学部、同大学院医学研究科博士課程修了。長きにわたって救急患者の治療に取り組み、なかでも多くの脳死寸前の患者の生命を救った脳低温療法は、世界にその名を知らしめた。著書に『子どもの才能は3歳、7歳、10歳で決まる!』(幻冬舎)など多数。

 


 

のびのび子育て

「PHPのびのび子育て」は未来を担う子どもたちの健全な成長と幸せを願って、発刊している月刊誌。 2016年6月号の特集は<3・7・10歳が決め手!「考える力」をつぶす親、伸ばす親>です。

 

年間購読のご案内

「子どもをつれて買い物に行くのは大変…」「ついつい、買い忘れてしまう」 そんなあなたにおすすめしたいのが、年間購読。毎月ご自宅へお届けします。送料無料。 年間購読のお手続きはこちらからどうぞ