「親の言うとおりにしなさい」と言い聞かせ、子どもの選択権を奪っていませんか?

 

女の子

 

「自分がない大人」はこうしてつくられる

 

親が期待して、子どもをいい子に育てようとする。ここまではいい。スタートラインはどの親も同じです。

 

大きな分かれ目は、子どもが大人の期待に応えられないという表情を見せたときに、その期待に応えることができない部分を、親がリスペクトしてくれるかどうかです。その部分を尊重してくれるか。シャットアウトするか。そこが大きな分かれ目の一つになります。

 

「とにかく親の言うことを聞きなさい」とやり続けるのか。それとも「じゃあどうしたらいいのかな」とか、「どうしたらいいと思う?」とか、子どもの意見を聞いてきたかどうかですね。ここが大きく分かれるわけです。

 

子どもの自己選択の機会を尊重し、気持ちをリスペクトし、大事にしてきたかどうかが問われます。ここで、自分の気持ちを大事にされてきた子どもは、自分で自分の気持ちを表現したり、「私はこうしたい」と自分の選択の意志を表明したりということができるようになってきます。これはとてもすばらしいことです。

 

けれども、「まだ子どもなんだから、親の言うとおりにしておけばいいんだ」というふうに、ずっとやっていくと、子どもは自分の意志を尊重されないし、自分で選ぶということをしていないので、諦めてしまうわけです。そして、「親の期待に応えたらいいんだな」と、親任せの自分になります。

 

問題なのは、安心感がない家庭です。親の期待に沿わなかったら、大変なことが起きると子どもが感じている家庭です。これを、私は「プチ虐待」と言っています。「プチ虐待」には2種類あります。

 

プチ虐待の一つは、親の期待に応えられなかったら恐い。大きな声で怒鳴られたり、「何でお前はそうなの」と完全否定をされたりして、精神的に暴力を振るわれる。怒鳴られ続ける。これ、結構ありますよ。電車やバスの中でも、子どもを大声でひたすら怒鳴り続けている親御さんって、結構いるでしょう。あれもプチ虐待です。もう一方は、無視する。「ネグレクト」です。親の期待に沿わないことをすると、放置されっぱなしになる。親が、基本的に子どもに関心がないのです。基本、ほったらかしです。すると、子どもとしては、親に何とかかまってもらうために、親の期待に過剰に応えようとするか、逆に一人遊びがとても得意になるか。そういうふうになってしまう。子どもが〝自分〞を持つことができるかどうかは安心感を与えることができるかどうか、安心感を持てる子育てをしてきたかどうかが関係します。これがとても重要になってきます。

 

親御さんの中にはもちろん、「いや、先生、私、虐待なんてしてません」「手を上げたこともないんです」と言う方もいます。けれども、子どもの側には、この親の期待に応えられないと私は見捨てられる、という不安があるのです。これもプチ虐待の一つです。実際に、虐待のシェルターには、いわゆる典型的な虐待をされている子どもばかりではなくて、残り3分の1から半数近くは、無理矢理勉強させられたり、「お前、このままでは東大に入れない。せいぜい早稲田ぐらいしか行けないわよ」と精神的に追い詰められて、それで逃げ込んでくる子もいます。受験勉強があまりにも厳しいので逃げ込んでくる子どもたちがいます。これは、親の期待を押しつけすぎるがゆえのプチ虐待です。

 

そこに共通するのは、安心感の欠如です。安心感がない。たとえばそこで、子どもが「私はそこまで勉強したくないし、東大にも行かなくても平気だ」とフッと、安心して言えるならばオッケーです。けれども、子どもがそんなこととても言えない。「私、東大なんか行きたくない」なんて言ったらお母さんがどれだけ悲しみ、どれだけ荒れ狂うかと思ったら、恐くて言えないと思う。これは、プチ虐待なのです。過剰な期待を押しつけるというのは、子どもにとって恐怖でしかない。

 

子どもの側が、「親の期待に応えられなくても私は愛されている」と思えるかどうかが決め手です。「私は親の期待には応えられない。けれども、私は愛されている」と思える人は、自分を持ち始められるのです。自分を出せるようになります。親の期待に応えられない、親の期待にそぐわない自分を出しても、親に受け止められると感じている人は、安心感があるから、自分をつくることができる。「東大なんか行きたくない」とか、「私は音楽なんかしたくない」と、本音を漏らしても親に受け止めてもらえるという安心感、安全感、信頼感があると、自分を出せる人間になっていく。逆に、安心感、安全感がなければ、子どもは自分を引っ込めてしまいます。自分を引っ込めて、親の期待に応えようとする。こうやって「自分がない大人」がつくられるのです。

 

やっぱり、いちばんの鍵は、安心感、安全感です。親の期待に応えていない自分を出しても受け止めてもらえるという、安心感、安全感があるか。親の期待に応えらない自分を出したら拒絶されるのではないかという不安があるか。ここによって大きく分かれるのです。

 

 


 

【本書のご紹介】

 

83941-1.jpg

 

『「自分がない大人」にさせないための子育て』

著者:諸富祥彦

 

わが子を仕事や人間関係で困らない、ちゃんと自立した大人にするために、どう育てるか。有名教育カウンセラーが、幼少期から思春期までの具体的アドバイスを紹介しています。

 

【著者紹介】

諸富祥彦(もろとみ・よしひこ)

明治大学文学部教授。臨床心理士。上級教育カウンセラー。教育学博士。千葉大学教育学部講師、助教授を経て現職。児童相談所、大学付属の教育相談センター、千葉県のスクールカウンセラー等、子どものことで悩む親のカウンセリングを30 年以上行ってきた。

著書に『「子どもにどう言えばいいか」わからない時に読む本』『「プチ虐待」の心理』(以上、青春出版社)、『男の子の育て方』『女の子の育て方』『ひとりっ子の育て方』『ひとり親の子育て』(以上、WAVE 出版)、『子育ての教科書』(幻冬舎)、『スマホ依存の親が子どもを壊す』(宝島社)、『教師の資質』(朝日新聞出版)など多数。