困っている子どもに、つい手を貸したくなるのも親心。でもそれって、本当に子どものためになっていますか?

 

女の子

 

目先のかわいそうよりも、将来的なかわいそうに目を向けて

 

子どもが大切にしていたぬいぐるみがいつもの置き場にないとします。「お母さん、ぬいぐるみ知らない?」とお母さんに聞いてきました。実はお母さんは、朝のそうじの時に子ども部屋の机の下に転がっていたのを知っています。こういう時、あなたならどうするでしょうか。

 

2020年から実施される『新学習指導要領』のポイントである「生きる力を育む」ことを目指すならば、「ぬいぐるみ? うーん。今日は見ていないなあ」と、知っていてもあえて知らないふりをすることをおすすめします。

 

「机の下にあったよ」や「ほらここにあるじゃないの。だからちゃんとお片づけしなさいっていってるでしょ」などはいわない。

なぜかというと、お母さんがすぐに正解をいってしまうと、ものがなくなった際、自分で一生懸命探す前にすぐに親に頼る子になりやすいからです。

大好きなぬいぐるみをなくしてしまった時に苦労しながら探してやっと見つかり、「二度とこんな思いをしたくないから置き場所を決めよう」と子ども自ら考えたり、どうしても見つからなくて困る経験をしたほうが、子どもの問題解決能力は培われます。

どうしても「一緒に探して」とお願いをしてきたら、お母さんは探すふりをするだけ。お母さんは気づかないふりをしつつ、「お母さんはリビングを見てあげるからあなたは自分の部屋を見てごらん」と誘導するにとどめましょう。すると発見するという経験を積ませることにもつながります。

 

大切にしているものがなくなって悲しんでいる子どもを見ると、親としてかわいそうだと感じるのはよくわかります。いますぐに「ここにあるよ」と教えてあげたり、なくしたものを新しく購入してやりたいものです。

しかしながら、この目先のかわいそうを優先してしまうと、ものをなくさないための術を自分なりに見つけたり、どうすれば探しものが見つかるかということを学べません。

目先のかわいそうを優先しすぎるあまりに、将来的にもっとかわいそうな状況をつくりだしているともいえるのです

 

せっかくなのでもうひとつ例をあげてみましょう。

 

家庭内のルールで、「ゲームは一日一時間まで。それを破ったらペナルティで翌日はゲーム禁止」というのがあるとします。子どもがルールを破ってしまい、親は子にペナルティを科すことになりました。

しかし、翌日、子どもは涙ながらにお母さんに「お願い! どうしてもゲームがしたい!」とお願いをしてきました。皆さんはどうすれば子どもの自立につながると考えますか。

 

私は、子どもが何をいってきても最初に決めたルール通りペナルティを科し、子どもに「ルールを守らないとつまらない。目先の欲に流されたら損をする」という不利益をこうむらせ、痛い目にあう体験をさせるほうがよいと考えています。

子どもが大きくなり、社会に出れば自分で自分を律する力が求められます。

「ゲームができずに泣いているのはかわいそう」ではなく、「ここでルールをないがしろにして、ガマンを経験できないことのほうがかわいそう」という、将来的なかわいそうを考えられる親御さんなら、子どもを自立に導いていけることでしょう。

 

 


 

【本書のご紹介】

 

9784569840307.jpg

 

『子どもには、どんどん失敗させなさい』

 

その親の一言、子どものやる気を削いでしまっていませんか? わが子に「自信」と「自己肯定感」をつける親の言葉、行動を紹介する。

 

 

【著者紹介】

水野達朗(みずの・たつろう)

家庭教育支援センター・ペアレンツキャンプ代表理事。

家庭教育・子育て支援の専門家として、子育てで悩みを抱える多くの親や、今よりももっと子育てを楽しみたいという親の思いに寄り添いながら支援をしている。また、不登校の復学支援カウンセラーとしても、見守るだけの支援とは一線を画する積極的に関わる手法で多くの不登校の子どもたちを学校復帰へと導いている。水野式の家庭教育支援メソッドである「PCM(= Parents Counseling Mind)」を構築し、全国の親と子をサポートしつつ、講演会も精力的に行っている。現在はペアレンツキャンプの代表理事を務めるともに文部科学省の家庭教育支援手法等に関する検討委員会や大東市教育委員会教育委員を歴任し、個々の家庭にとどまらず、国や地域の子育て支援にも注力している。