社会生活を円滑に送る上で「聞く力」は必要です。「聞く力」がしっかり身についていないと、子どもの将来に、どんな影響が出てくるのでしょうか?

 

daijyoubu.jpg

 

「聞く力」が育っていないと……

自分の衝動をコントロールできない子が増えている

子どもというのは衝動の塊のようなところがあります。思ったことは何でも言いたい。興味のあることは何でもしてみたい。欲しいモノは我慢できない。
そうした自由奔放さが子どものイキイキした魅力にもつながるわけですが、そのままでは社会に適応できません。自己中心的に動く子どもに、親は合わせてあげられたとしても、友だちは合わせてくれないでしょう。
社会生活を送る上では、相手の気持ちに想像力を働かせ、お互いに歩み寄る必要がありますが、その基礎となるのが「聞く力」です。
近頃では、幼稚園から小学校への移行で躓く子が多く、小1プロブレムなどと呼ばれ、深刻な問題となっています。
元気に遊び回っていればいい幼稚園時代と違って、教室で勉強をしなければならない小学校生活に適応できないのです。授業中に席を立って歩いたり、教室から出たりする。あるいは先生の話をじっと聞いていられず、授業中に騒いだり、暴れたりする。自分の衝動をうまくコントロールできない子が急増しているのです。
自己コントロール力の基礎をつくるためにも、まずは「聞く力」を身につける必要があります。

「聞く力」が育つと、こんな力も伸びる!

子どもの「聞く力」を育むことで、これらの力も自然と伸びます。

吸収力:さまざまな知識を取り込む力!
子どもの前には、未知の世界が大きく開かれています。この先、力強く生きていくために、いろいろなことを吸収し、学んでいかなければなりません。自然と触れ合ったり、友だちと遊んだりといった直接経験から学ぶこともたくさんありますが、私たちの知識の多くは間接経験によって取り入れたものから成り立っています。
勉強する際に必要不可欠なのが読解力ですが、その基礎となるのが「聞く力」です。想像力を働かせて言いたいことを読み解くのは、本も会話も同じ。人の話を聞き、何を言いたいのか、何を伝えたいのかを理解することが、読解力の土台になるのです。

読解力:言いたいことを理解する力!
中学生の約半数が教科書の意味を理解できていないというデータが発表され、教育界に衝撃が走りました。そこで問題となったのは読解力の乏しさです。読解力が乏しいと、本を読んでも内容をちゃんと理解することができません。
勉強する際に必要不可欠なのが読解力ですが、その基礎となるのが「聞く力」です。想像力を働かせて言いたいことを読み解くのは、本も会話も同じ。人の話を聞き、何を言いたいのか、何を伝えたいのかを理解することが、読解力の土台になるのです。

人間関係力:想像力を働かせて共感する力!
社会生活を快適に送るには、人とうまく関わっていくことが求められます。そこで人間関係力が問われるわけですが、その中核となるのが共感力と傾聴力です。お互いに相手の気持ちや考えに想像力を働かせ、共感力を発揮するためには、まずは相手の言葉にじっくりと耳を傾ける必要があります。
自分の言いたいことを言うばかりでは、人間関係を良好に保てません。「聞く力」が人間関係力の基礎になっていることを忘れないようにしましょう。

子どもの「聞く力」を奪う親のNG行動

あなたは、子どものよきお手本となっていますか?
幼い子どもにとって、モデルとなるのは親の態度や行動です。子どもは、最も身近な親の真似をすることで、さまざまな性質を身につけていきます。
そこで意識したいのは、親自身が「聞く力」を発揮するモデルとなっているかどうかです。親が、自分の言いたいことばかり言って、子どもの話をちゃんと聞かないようでは、子どもの「聞く力」も培われません。ですから、子どもの話にじっくり耳を傾けるように心がけましょう。

人の話を興味深く聞く様子を子どもに見せる
子どもの話を聞くだけでなく、他人の話にじっくり耳を傾ける姿勢を子どもに見せるのも効果的です。そのためには、親自身が人の気持ちに関心を向けることが大切です。
自分のことで精一杯で、他人には興味がないという感じだと、子どもも人の話を聞かない子になってしまうでしょう。

子どもの「聞く力」を伸ばすために大切なこと

普段の生活の中で、次のことを心がけてみましょう。

(1)読み聞かせで楽しく伸ばす
聞くことの楽しさを味わい、「もっと聞きたい」と思うことが「聞く力」を伸ばすことにつながります。そこで、何でもよいので面白そうな本を読み聞かせてあげることが大切です。

(2)親がよきモデルとなる
前項で解説しましたが、親が「聞く力」を発揮するモデルとなることです。

(3)子どものストレスを解消する
ストレスを溜め込むと、気持ちに余裕がなくなり、人の話を聞けなくなってしまいます。人の話が聞ける心理状態にもっていくためにも、子どもの話にじっくり耳を傾け、ストレスを発散させてあげましょう。

(4)想像力を刺激する問いかけをする
「聞く力」は、相手の気持ちや言いたいことを想像する力と密接に関係しています。ですから、「〇〇ちゃんは、どう思ったかな?」など、相手の気持ちや言いたいことに目を向けさせ、想像させるような問いかけをするように心がけましょう。

 


 

「PHPのびのび子育て」7月号より

 

Ncover2007.jpg

本記事は、「PHPのびのび子育て」2020年7月号特集【「話を聞ける子」は伸びる!】より、一部を抜粋編集したものです。

【著者紹介】
榎本博明(えのもと ひろあき)
心理学博士。1955年東京生まれ。東京大学卒業。心理学博士。心理学を活かした教育講演やビジネス研修などを行なう。著書に、『伸びる子どもは○○がすごい』(日経BP)など多数。