子どもがゲームをやめないのは「親の誤解」が原因? 悪い習慣を変える接し方

ぞう先生
2024.03.21 15:03 2024.03.25 07:00

ゲームコントローラーと子どもの手

平日も夜遅くまでYouTubeを見たり、注意してもゲームをやめない…。子どもにそんな悪習慣をやめさせようと苦心している親御さんは多いでしょう。しかし、悪い習慣をやめさせるで、親が子どもにやってはいけないことがあると、現役小学校教諭であり、継続アカデミー塾長としても活躍するぞう先生は語ります。

※本稿は、ぞう先生著 『うちの子、脱・三日坊主宣言!』(‎総合法令出版)から一部抜粋・編集したものです。

悪いのは動画コンテンツでもゲームでもない

ゲームをする子どもたち

「うちの子は、動画コンテンツやゲームを自分でやめられないどうしようもない子だ!」なんて思わないでください。みんなそうなのですから。

そして、この大前提があるからこそ、対策できます。この前提が間違っていると、子どもを毎日叱ることになってしまいます。

「動画ばっかり見るな!」
「時間通りにゲームをやめなさい!」

こんなことが毎日起これば、パパやママのストレスが日々積み重なってしまいます。問題の本質は、動画やゲームをやめることを本人に丸投げしている点にあります。

では、悪いのは、お子さん自身の力でやめられないようにできている動画コンテンツやゲームなのでしょうか? その答えは、「ノー」です。

ある日突然、ママから、「動画やゲームは、自分でやめることが難しいらしいから、もうこれからはやってはいけません!」 こんなふうに言われても、子どもは、「はい、そうですか。やめます」とはならないはずです。

ここで一つ考えてもらいたいのは、動画を見るのもゲームをするのも、別に悪いことではないということです。毎日の生活の一つの楽しみとしてやる分にはまったく問題ありません。むしろ、「やるべきことが終わったら、ゲームするぞ!」というように、自分へのご褒美感覚でやるべきことが進む原動力になる場合もあります。

では、何がいけないのでしょうか?

それは、長時間することです。長時間するから、勉強や運動、読書、家族とのコミュニケーション、睡眠といった、他にするべきことがおろそかになるのです。だから、悪いのは、動画やゲームそのものではないのです。

先に書いたデメリットは、長時間すればするほど大きくなります。僕の家では、平日ゲームは1時間まで、休日は2時間までと決めています(ちなみに最初は休日のみでしたが、後から子どもの要望で、平日は1時間だけやってもいいことにしました)。

そして、「宿題を先に終わらせてからやる」というルールとしています。ぜひ参考にしてください。

親が子どもにやってはいけないこと

子どもを叱る母親

悪い継続をやめさせる上で、親が子どもにやってはいけないことがあります。親としては、子どものためを思ってやっていることですが、それが逆効果となる場合があります。それはこの三点です。

①無条件にやらせない(禁止する)
②頭ごなしに叱る
③ルールが決まっていない

この三点は、絶対にやらないほうがいいです。詳しく見ていきましょう。

①無条件にやらせない(禁止する)

笑顔でタブレットをみる親子

文字通り、親が子どもに与えないということです。

ここでの「無条件にやらせない」とは、例えば、子どもが「ゲームが欲しい」と言ってきたときに、即答で「ダメ!」と言うパターンです。

この場合、せめてゲームを買わない理由だけでも言うべきです。何を言ってもノーだと子どもからすると、「なんで? どうして?」となるからです。

また、どうして欲しいのかを聞いてみてください。すると子どもなりに欲しい理由を話してくれます。よくあるのが、「学校でゲームの話をよくするけど、持っていないから会話に入れない」などです。これが買う理由になるかは置いておいて、気持ちはとてもよくわかりますよね。

もしも子どもが欲しいと言ってこないのであれば、全然いいと思います。子どもが欲していないのに、わざわざやめることが難しいものを与える必要はありません。

しかし「ゲーム=絶対に買わない」と、あまりに一方的に禁止すると、子どもの反感を買ってしまうことがあります。

親がゲームを与えなくても子どもは、いつか必ずゲームをするようになります。それならば、親の目が行き届く時期にゲームを与えるのもありだとは思いませんか?

②頭ごなしに叱る

スマホを触る女の子

次にダメなやり方は、頭ごなしに叱ることです。例えば、ゲームの時間を守ることができなかった場合、「早くやめなさい!」このように大きな声で叱責してはいけません。これも子どもの反発のもとです。

たしかに子どもが時間を守っていないので、叱るのは当然のことなのですが、頭ごなしに叱り続けると、逆効果になることがあります。

また、やめるにはやめたけれど、その後、お子さんの機嫌が悪くなることはありませんか? 親からしたら、「なんで機嫌悪くなってるねん! 怒ってんのはこっちじゃ!」と言いたくなりますよね。時間さえ守っていたら、こっちだってきつく言わへんわ、と。

しかし、思い返してみてください。ゲームは、前提として制限時間を決めても途中でやめるのが非常に難しいものです。この前提の有無で変わります。次の大間違いの大前提は、少し時間を過ぎただけで腹が立ってきます。

●ゲームは意志の力が強いとやめられる
●ゲームをやめられないのは、意志の力がないからだ

なんの対策もなしに意志の力だけでやめさせるには、無理があります

③ルールが決まっていない

悩みを抱える女の子

ルールがないとどうなるでしょうか? 「時間無制限」となります。これでは、やめることは絶対にできません。むしろ長時間やり続けることを助長することになります。

また、ルールがなければ、基準がわかりません。どれくらいが長いのか? 子どもは3時間が長いと思っているけど、親は1時間でも長いと思っている場合も多いのです。ココが明確になっていないと、話がかみ合いません。

『もうそろそろやめなさい』
「えっ、まだそんなにやってないで」
『もう結構やってるでしょ』
「いやいや、そんなにやってないって」

不毛な会話ですよね。家でのルールが決まっていないから、本質のずれたけんかが起きてしまいます。「長い」という基準は、一人ひとり異なります。ルールを子どもと話し合うことで、何がいけなくて、どこまでがいいかがハッキリとします。

頭ごなしに叱るのはいけませんが、ルールを破ったときは、きちんと子どもに知らせる必要があります。その基準がないと先ほどの会話の例のように毎日、無駄に争うことになるので、ルールは事前にしっかりと明確に決めましょう。

ぞう先生

ぞう先生

1980年生まれ、兵庫県神戸市出身。自身も三日坊主で「いろいろなことに挑戦するが続かない」という悩みを抱えていたが、小学校教諭として20年以上、1000人を超える子どもたちを指導してきた経験と、高校・大学の水泳部の経験から、「コツを知れば、誰でも継続できるようになる」ことに気づく。2022年より、継続のコツを教えるnoteメンバーシップ「継続アカデミー」を主宰。継続して、夢や目標を叶えるかっこいい大人を増やすことを目的に、SNS投稿や配信、講演を行っている。三児の父。

X:@zousanwarai

関連書籍

うちの子、脱・三日坊主宣言!の画像1

うちの子、脱・三日坊主宣言!(総合法令出版)
「うちの子は、何をやっても三日坊主」「ゲームばかりで、宿題をやらない」これらの悩みは、本書で紹介する【継続】の方法を実践するだけで、すべて解決します! 小学校教師歴20年以上、「継続アカデミー」塾長で、3児の父である著者が【継続のコツ】を解説します。継続は、やる気や意志力、遺伝、性格、才能は関係ありません。継続のコツを知り「仕組み化」すれば、誰でもできるようになるものです。親子で一緒に実践することで、いつのまにか「自分から進んで行動し、やり抜ける子」に変身します。