母が心配しているのは世間体? 不登校の中学生が感じた大人への不信感(サトシくん第2話)

おがたちえ,橋本紋加
2024.06.28 14:50 2024.07.10 11:50

【漫画】おがたちえさん【親子の体験日記】

この記事の画像(3枚)

周りの目が気になり、教室に入れなくなった中学生のサトシくん。なぜ自分が不登校になったのか、その理由に心を寄せてくれる大人がいないと感じていました。しかし、保健室登校をはじめたことがきっかけで、小さな転機が訪れます。

漫画家のおがたちえさんが、不登校サバイバーを取材。臨床心理士の橋本紋加さんによる解説とともに、体験談を連載漫画でお届けします。(毎週水曜更新)

サトシくんの場合 第2話

不登校体験談 漫画

不登校体験談 漫画

おがたちえ不登校漫画 サトシさん編②の画像1

サトシくんのコメント
悩みを話せる大人が近くにいたのはとても幸運な事だったと思います。

橋本先生

臨床心理士・橋本紋加先生のコメント
スクールカウンセラーという、安心できる人が得られたことはとてもよかったですね。専門職や人でなく場所や趣味であっても、こういった存在がひとつあるだけで状態はずいぶん落ち着くものです。

サトシさんは人の目が気になって教室に入るのが苦手だったようですが、お母さんはお母さんで世間という人の目が気になっていたようです。そういった意味では、サトシさんもお母さんもフツウに苦しめられ、どうしたらいいかわからない不安な状態だったのではないでしょうか。

次回は2024年7月17日 (水)更新です。

 

ミクさん編はこちら

ヒミさん編はこちら

シュウくん編はこちら

リホさん編はこちら

リュウくん編はこちら

ヒデくん編はこちら

おがたちえ

おがたちえ

Webサイトにて漫画連載をもち、キャラクターデザインなども手がける。共書に、 『繊細すぎて生きづらい~私はHSP漫画家~』(ぶんか社)など多数。

X:@ogachinpa

橋本紋加

橋本紋加

臨床心理士・公認心理師。
心療内科クリニックにてビジネスパーソンの不眠や職場不適応、不登校の子どもたちやその家族の悩みについてカウンセリングや生活習慣のアドバイスを実施。
2023年にクリニック退職後はフリーランスで活動中。