不登校の子どもを劇的に変えた「教会のホームスクーリング」(リホさん第3話)

おがたちえ,橋本紋加
2024.05.15 16:58 2024.04.17 11:50

【漫画】おがたちえさん【親子の体験日記3④】の画像1

この記事の画像(3枚)

学校へ行かないことを決心したリホさんは、母親の勧めで教会のホームスクーリングへ通うことになります。教会に集まった様々な国籍の人との出会いが、リホさんにもたらした変化とは?

漫画家のおがたちえさんが、不登校サバイバー親子を取材。臨床心理士の橋本紋加さんによる解説とともに、体験談を連載漫画でお届けします。(毎週水曜更新)

リホさんの場合 第3話

おがたちえ リホさん編③の画像1

おがたちえ リホさん編③の画像2

おがたちえ リホさん編①の画像1

リホさんのコメント
外に出たくなった時に居心地の良い場所が見つかってラッキーでした。近年イエナプラン教育が注目されてますが、少しそれに近い雰囲気だったように思います。

橋本先生

臨床心理士・橋本紋加先生のコメント
もっと日本の歴史を勉強したいという目標ができたリホさんですが、それは日々の生活や関係性の中で生まれたものです。よく「目標がないから行動できない」ということを言う人がいますが、行動しないと目標もできないのです。

なんでも自由に自分で決められるというのは楽なように思えますが、本当はとてもエネルギーがいることです。教会のホームスクーリングは、リホさんに安心感や良い刺激をたくさん与えてくれて、安心して自分で選択して行動できる状態になっていったのではないでしょうか。

次回は2024年4月24日 (水)更新です。




ミクさん編はこちら

ヒミさん編はこちら

シュウくん編はこちら

リュウくん編はこちら

おがたちえ

おがたちえ

Webサイトにて漫画連載をもち、キャラクターデザインなども手がける。共書に、 『繊細すぎて生きづらい~私はHSP漫画家~』(ぶんか社)など多数。

X:@ogachinpa

橋本紋加

橋本紋加

臨床心理士・公認心理師。
心療内科クリニックにてビジネスパーソンの不眠や職場不適応、不登校の子どもたちやその家族の悩みについてカウンセリングや生活習慣のアドバイスを実施。
2023年にクリニック退職後はフリーランスで活動中。