「学校にこなくていいよ」不登校の娘を救った先生の一言(ヒミさん第3話)

おがたちえ,橋本紋加
2024.04.10 12:41 2024.02.21 11:50

不登校サバイバー親子の体験日記

この記事の画像(3枚)

不登校で五月雨登校を続けるヒミさん。そんなヒミさんに、先生は「もう学校にこなくていいよ」と意外な言葉をかけます。その一言で、踏ん切りがついたヒミさんは……

漫画家のおがたちえさんが、不登校サバイバー親子を取材。臨床心理士の橋本紋加さんによる解説とともに、体験談を連載漫画でお届けします。(毎週水曜更新)

ヒミちゃん・かめママさんの場合 第3話

不登校サバイバー親子の体験日記

不登校サバイバー親子の体験日記

かめママ

かめママさんのコメント
環境が変わり、子どもが誰と繋がって育てられるかがいかに大事かに気付かされました。

ヒミを誰かと比べることなく、ヒミ自身の良さを見てくださっていた先生には感謝しかありません。

「みんなと同じようにできない自分」から脱皮していくきっかけになりました。

ヒミちゃん

ヒミさんのコメント
先生に言われたことで踏ん切りがつきました。「学校には行かなくてもいいよ」という言葉はよく耳にはするけれど、誰に言われるかで届き方が違うと思います。

それと、先生の「カヌレ」の一言でここまで状況が変わるとは思いませんでした。

橋本先生

臨床心理士・橋本紋加先生のコメント
学校の先生に「学校にこなくていいよ」と言ってもらえたのはヒミさんにとってびっくりする体験だったでしょう。とても良い経験でした。

学校で学べることはたくさんありますが、学校以外でも熱中できる何かを見つけることはできます。ヒミさんにとってお菓子作りは学校と家庭がほとんどだった自分の世界をどんどん広げてくれるものになったのではないでしょうか。

ミクさん編はこちら

シュウくん編はこちら

リホさん編はこちら

おがたちえ

おがたちえ

Webサイトにて漫画連載をもち、キャラクターデザインなども手がける。共書に、 『繊細すぎて生きづらい~私はHSP漫画家~』(ぶんか社)など多数。

X:@ogachinpa

橋本紋加

橋本紋加

臨床心理士・公認心理師。
心療内科クリニックにてビジネスパーソンの不眠や職場不適応、不登校の子どもたちやその家族の悩みについてカウンセリングや生活習慣のアドバイスを実施。
2023年にクリニック退職後はフリーランスで活動中。