「中卒?」と鼻で笑われ…不良少年がぶつかった就職の壁(リュウくん第2話)

おがたちえ,橋本紋加,徳永竜備
2024.05.08 09:03 2024.05.15 11:50

【漫画】おがたちえさん【親子の体験日記】

この記事の画像(3枚)

中学生になったリュウくんは、不良グループの仲間に。同級生からの嫌がらせはなくなりましたが、新たな困難がリュウくんを襲います。

漫画家のおがたちえさんが、元不登校の徳永竜備さんを取材。臨床心理士の橋本紋加さんによる解説とともに、体験談を連載漫画でお届けします。(毎週水曜更新)

リュウくんの場合 第2話

リュウくん3

リュウくん4

リュウくん

リュウくんのコメント
中学校を卒業する頃、自分の進路について悩みましたが、高校を卒業するという選択肢はありませんでした。貧困やいじめの影響で小学4年生以降の学びを放棄しており、勉強に対して大きな苦手意識を持っていたからです。

これまで小学校、中学校と勉強できなくて苦しかったのに、どうしてまた高校で3年間苦しい思いをしなければならないのかと思っていました。人間関係も含め、高校で上手くやっていく自信がなかったので、消去法的に働くという道を選択しました。

当時は、「中卒・資格なし」という経歴が足枷となり、自分の生き方すら自分で選べないというもどかしさを抱えながら生きていたのを覚えています。

橋本先生

臨床心理士・橋本紋加先生のコメント
社会的には不適切な集団であっても、自分が所属していると感じられる集団があることはリュウくんにとって安心につながったのではないでしょうか。

しかし、学校での一般的な教育機会を失ってしまったリュウくんは、知識や待遇などさまざまな面で「ふつうとちがう」という壁にぶち当たってしまいます。普通に生活している同年代が憎らしく思えるほど、リュウくんにとってマイナスな体験であったでしょうが、理不尽な扱いをうけるたびに「環境を変えたい、そのためにどうしたらいいか」という原動力につながっていったように思います。

次回は2024年5月22日 (水)更新です。


ミクさん編はこちら

ヒミさん編はこちら

シュウくん編はこちら

リホさん編はこちら

おがたちえ

おがたちえ

Webサイトにて漫画連載をもち、キャラクターデザインなども手がける。共書に、 『繊細すぎて生きづらい~私はHSP漫画家~』(ぶんか社)など多数。

X:@ogachinpa

徳永竜備

徳永竜備

高等学校卒業程度認定試験(旧大学入学資格検定)を経て、福岡大学商学部第二部商学科会計専門職プログラム課程を卒業。その後、福岡大学大学院商学研究科商学専攻経営学研究コース(法人税法専攻)博士課程前期修了。

在学中には、成績優秀者として表彰されたことに加え、全経簿記能力検定試験上級(日商簿記1級と同等)に合格するなど、その活動は、全国不登校新聞や西日本新聞、月刊誌道徳教育、NHK、HUMANドキュメント&クローズアップ現代、福岡未来創造プラットフォームなどで取り上げられ、学内外での各種社会活動において、特に顕著な功績を残したと認められる学生を表彰する学生部長賞も受賞した。

橋本紋加

橋本紋加

臨床心理士・公認心理師。
心療内科クリニックにてビジネスパーソンの不眠や職場不適応、不登校の子どもたちやその家族の悩みについてカウンセリングや生活習慣のアドバイスを実施。
2023年にクリニック退職後はフリーランスで活動中。