学校に行けなかった不登校児、今では教壇に…人生を変えた「学ぶ喜び」(リホさん第4話)

おがたちえ,橋本紋加
2024.05.15 16:58 2024.04.24 11:50

学校に行けなかった不登校児、今では教壇に…人生を変えた「学ぶ喜び」(リホさん第4話)の画像1

この記事の画像(3枚)

かつて学校に恐怖心を抱き不登校になったリホさんですが、その後学校の先生を目指すように。苦手を乗り越える原動力となったのが、学ぶことの楽しさでした。

漫画家のおがたちえさんが、不登校サバイバー親子を取材。臨床心理士の橋本紋加さんによる解説とともに、体験談を連載漫画でお届けします。(毎週水曜更新)

リホさんの場合 第4話

おがたちえ リホさん編④の画像1

おがたちえ リホさん編④の画像2

おがたちえ リホさん編①の画像1

リホさんのコメント
不登校になったことで、「みんなちがって、みんないい」を実感する体験ができて良かったな、と思っています。そういう場がたくさん増えていくと、子供の自己肯定感は上がるのではないでしょうか。

橋本先生

臨床心理士・橋本紋加先生のコメント
大人は経験があるからこそ、子どもに「ああしなさい、こうしなさい」とつい言ってしまいたくなるものです。それをせずに待つ、というのはとても辛いことだったと思います。お母さまをはじめとする家族や関係者にも、焦らずに見守ることができる環境や相談できる場所があったということではないでしょうか。

自分の好きなことや得意なことが教会での経験で明確になったリホさんは、自分で選んで自分で行動することで少しずつ自信がついたように思います。学校に対してマイナスのイメージを抱いていたと思いますが、そこに入っていけるようなエネルギーを他の場所できちんと蓄えられたのかもしれませんね。

次回は2024年5月8日 (水)更新です。



ミクさん編はこちら

ヒミさん編はこちら

シュウくん編はこちら

リュウくん編はこちら

おがたちえ

おがたちえ

Webサイトにて漫画連載をもち、キャラクターデザインなども手がける。共書に、 『繊細すぎて生きづらい~私はHSP漫画家~』(ぶんか社)など多数。

X:@ogachinpa

橋本紋加

橋本紋加

臨床心理士・公認心理師。
心療内科クリニックにてビジネスパーソンの不眠や職場不適応、不登校の子どもたちやその家族の悩みについてカウンセリングや生活習慣のアドバイスを実施。
2023年にクリニック退職後はフリーランスで活動中。